草の上の昼食
ホーム > 作品情報 > 映画「草の上の昼食」
メニュー

草の上の昼食

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「恋多き女」のジャン・ルノワールが監督と脚本を担当した現代諷刺喜劇。撮影はジョルジュ・ルクレール、音楽はジョゼフ・コスマ。出演者は「フランス女性と恋愛」のポール・ムーリッス、新人女優カトリーヌ・ルーヴェル、ジャクリーヌ・モラーヌなど。製作もジャン・ルノワール。

ストーリー

生物学者のエティエンヌ・アレクシイ教授(ポール・ムーリッス)は、人工授精で優秀な人類を残せるという信念を持っていた。それを知ったネネット(カトリーヌ・ルーヴェル)はアレクシイ教授に手術を受けて子供を授かろうと決心し、彼の住むルーレイへ出掛け小間使いとして働くことにした。その頃、偶然、職工達が同じ地域にやって来てキャンプを張った。ある朝、その傍を車が何台も続いて通った。それはアレクシイ教授とヨーロッパの女王的存在マリ・シャルロットとの婚約成立を祝ってのピクニック“草の上の昼食会”を開こうとする連中だった。そして“草の上の昼食会”がいまやたけなわの時、突然、百姓達から魔法使いめいた扱いを受けているガスパールが来て笛を吹き始めた。すると、突如として一陣の風がまき起り“草の上の昼食”どころではなくなってしまった。その時、ネネットはアレクシイ教授が吹きとばされまいと木にしがみついているのを発見し彼を助けた。風は鎮まり快適な暑さがやって来た。職工達のキャンプに入り、数時間たった。現実の世界に戻ったアレクシイ教授は、ふと小川で水浴するネネットの姿を垣間見てしまった。かくて教授は自分の持論、即ち人工授精の論議とは逆の行為にはしって行ったのだった……。数日たった。理性をとり戻したアレクシイ教授は、ある豪華なホテルでマリ・シャルロットとの婚約披露を行っていた。と、突然ホテルの女中になったネネットが登場して来た。教授は愕然とした。が、思案の末、彼はジャーナリスト、招待客の前でネネットが婚約相手だと発表した。職工達は職場に戻って来た。そしてテレビの画面に映し出されているのは、ヨーロッパ初代大統領に選出されたアレクシイだ。その後には、ネネットが超自然ともいうべき愛の結晶である赤ん坊を抱いてにこやかに笑っていた。...

作品データ

原題 Le Dejeuner sur I'Herbe
製作年 1959年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi