グール
ホーム > 作品情報 > 映画「グール」
メニュー

グール

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

墓場から蘇った美しい女ゾンビの恐怖を描くスプラッタ・ ホラー。監督・脚本はジョン・ミラー、製作はラム・ソラヤ。撮影はデイヴィッド・マッグリン・パートギ、音楽はジャニス・ハッバードとマイケル・シルヴァーシャー、特殊メイクはスティーヴン・プローティがそれぞれ担当。大胆なヌードも披露した主演は、新星タニヤ・オファー。共演はクリスティン・アン、エイミー・ウェバー、ジョゼフ・カッサノ、ジョン・ワロミほか。

ストーリー

ロサンゼルス。3人の宝石泥棒を乗せた車が追跡するパトカーと激しい銃撃戦を繰り広げながら疾走していた。車は墓地に突っ込み、犯人たちは死亡する。現場に飛び散った鮮血とちぎれた腕が、墓地の死霊の眠りを覚ませ、美しい女の姿となって″暗黒の女王″が蘇った。同じ夜、若く美しいスーザン(タニア・オファー)は嫉妬深い恋人のジョン(ジョゼフ・カッサノ)に暴力的に犯され、脅迫される。傷ついた彼女は姉のリンダ(クリスティン・アン)の住むインドネシアのジャカルタに旅立つ。姉の屋敷での生活は快適そのものだった。ある日スーザンは、リンダが現地の魔術研究をしている友人のビコ(ジョン・ワロミ)に貰ったスマトラの古い書物を見つける。それが悪霊を呼び寄せる呪文とも知らず、彼女は何気なく文章を声に出して読む。突然、鏡の中に闇の女王が現われ、その魔力に魅せられたスーザンは、邪悪な取り引きをしてしまう。彼女は挑発的なドレスに身を包んで夜の町を歩き、そのセクシーな肢体で男たちを挑発しては、残虐な手段で次々に殺害していった。米国から彼女を追って来たジョンも血祭りに上げられる。殺害を重ね、犠牲者の血と精液を闇の女王に捧げるたび、リンダは美しく変身していく。闇の女王は次に、リンダを生贄に要求する。妹の異変に気づいた彼女はビコに助けを求める。魔術を駆使した戦いが展開した末に、ビコが自らを犠牲にして闇の女王を倒したかに見えた。だが、現場に転がった鏡の中に、悪霊の高笑いが響いた。...

作品データ

原題 Dangerous Seductress
製作年 1994年
製作国 アメリカ・インドネシア合作
配給 アルバトロス

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi