KILLER 第一級殺人のレビュー・感想・評価

KILLER 第一級殺人

劇場公開日 1996年3月2日
1件を表示 映画レビューを書く

尺が足りないがそれなりの良作

ある日、新任の看守ヘンリーは受刑者のカールと交流を持つ。彼はヘンリーに自伝を書きたいと嘆願し…。

20人以上を殺害した実在の人物と看守の交流を描いた作品。
日本のポスターから受ける印象と違い意外にもハートフル。尺が短すぎて色々と掘り下げが足りないのが惜しい。
「人生は出会う奴によって決まる。俺の人生で良い奴はお前とスパッドだけだった」ってセリフが凄い「殺人鬼が何故生まれるのか」に言及してるようで深い作品だった。あともう少し尺があればなあ…。

shotgun
shotgunさん / 2018年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi