吸血鬼(1967)
ホーム > 作品情報 > 映画「吸血鬼(1967)」
メニュー

吸血鬼(1967)

劇場公開日

解説

いわゆるバンパイヤものを恐さだけではなく笑いで味付けしたもので監督は「ローズマリーの赤ちゃん」のロマン・ポランスキー。脚本は彼と「反撥」のジェラール・ブラックとの共同オリジナル。撮影は「召使」のダグラス・スローカムでイタリア北部のドロミテ・アルプスでロケされた。音楽は「水の中のナイフ」「花弁が濡れるとき」のポーランドの作曲家クリストファー・コメダ、美術監督はウィルフレッド・シングルトンとフレッド・カーター、編集はアリステア・マッキンタイア、衣装はソフィー・デンバインの担当である。出演は「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のジャック・マッゴーラン、「哀愁の花びら」のシャロン・テイト、「アルフィ」のアルフィー・バス、「女の香り」のファーディー・メイン、ボクシング・ミドルウェイト級の世界チャンピオンだったテリー・ダウンズ、それにポランスキー自身が教授の助手役で出演している。製作は「反撥」ポランスキーと組んだ新進のジーン・グトウスキー。ビデオタイトル「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」。

ストーリー

アブロンシウス教授(ジャック・マッゴーラン)は助手のアルフレッド(ロマン・ポランスキー)を連れてバンパイヤ(吸血鬼)退治の旅を続けていた。彼らの武器は十字架のついた小さな杭と、木づちだけ。バンパイヤを見つけ出して杭を心臓に打ち込み、人々を恐怖から救い出すのが目的だ。そして、トランシルバニア(ルーマニア西部)の片田舎の宿にたどり着いた。どうやらこの辺がくさい。にんにくが天井から下り、いかにもバンパイヤを恐れている感じ。陽気な宿屋の主人シャガル(アルフィー・バス)も教授の質問には妙におろおろ。その夜、教授がシャガルの後をつけると女中マグダの部屋に入っていく。それをみつけて女房レベッカは大騒ぎ。翌朝、クーコルが宿に買物にやって来た。彼も、なにやら、怪しい人物。助手のアルフレッドが後をつけると案の定クーコルは森の中で生きた狼をがぶり。真赤な血を口のまわりにいっぱいつけて現れた。彼はバンパイヤの一味に違いない。宿に戻ったアルフレッドは、ここの娘で無類に風呂好きの美しい娘サラ(シャロン・テイト)と出会う。その美しさに一目惚れ。そしてある夜、風呂に入っている彼女を、カギ穴からのぞいていると、突如天井から現れた赤マントの怪しい老紳士。またたくまに彼女をさらい消えていく。あとには血に染まった風呂桶があるばかり。おお彼こそはバンパイヤ!そしてサラはもちろんのこと、シャガルもバンパイヤの毒牙にかかってしまった。そして女中のマグダも。教授と助手は2人を追ってバンパイヤの城へ。そこには城主のクロロック伯爵(ファーディ・メイン)や息子ハーバート(イアン・カリエ)らがいる。そのうえ息子はホモ男。アルフレッドに襲いかかる。バンパイヤを殺し、サラを助けださねばならないのに……。そしてある夜、墓からたくさんのバンパイヤたちが現れ、世にも恐ろしい、だが、このうえもなく耽美な舞踏会が開かれた。教授と助手もまぎれ込み、優雅に踊ったまではよかったが見破られてしまった。大騒ぎの末、どうにかサラを救い出し、城を脱出した。バンパイヤ殺しは出来なかったが愛するサラを救い出せたのでアルフレッドは満足だ。帰りのソリの中。アルフレッドがサラにキスしようとしたら、逆に彼女の方からガブリ。みると彼女の形相はバンパイヤのもの。そしてアルフレッドの、のどもとにはキスマークとは程遠いバンパイヤ・マークがついてしまった。吸血鬼殺しが吸血鬼になってしまった……。...

作品データ

原題 The Fearless Vampire Killers
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 MGM
上映時間 108分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ロマン・ポランスキーの吸血鬼(字幕版) ロマン・ポランスキーの吸血鬼
ロマン・ポランスキーの吸血鬼(字幕版) ロマン・ポランスキーの吸血鬼
2014年8月28日 2015年12月11日
¥300 ¥500
iTunes ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi