キャプテン・シンドバッド
ホーム > 作品情報 > 映画「キャプテン・シンドバッド」
メニュー

キャプテン・シンドバッド

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アラビアンナイトに取材し、サミュエル・B・ウェストとハリー ・リリスが共同で脚本を書き、「機甲兵団」のバイロン・ハスキンが演出したアクションドラマ。「怪獣ゴルゴ」のトム・ハワードの特撮、撮影監督はグンター・ゼンフトレーベン、音楽は「妖姫クレオパトラ」のミシェル・ミシュレ、出演者はTV「快傑ゾロ」のガイ・ウィリアムス、「教室を出たら大人」のハイディ・ブルール、「逃亡者(1947)」のペドロ・アルメンダリス、「ボワニー分岐点」のエイブラハム・ソフィア、「四時の悪魔」のバーニー・ハミルトンら。

ストーリー

シンドバッド(ガイ・ウィリアムス)が長い航海を終えて帰国したとき、カリムに国を乗っとられていた。彼は部下と城に忍び込み、婚約の間柄のプリンセス・ジェーナ(ハイディ・ブリュール)を救おうとしたが彼女は高い塔に閉じ込められていた。何よりカリムを倒すことだ。ところが彼の心臓は遠くの白塔に保管されている。しかも、そこは恐ろしい魔法で護られていた。一方、ジェーナもカリムの求婚を拒否し、彼は死刑を言い渡した。シンドバッドら一隊は白塔に達し、心臓が保管されている天辺の部屋に行くために塔の鐘から下っているロープをよじ登った。そのため鐘が鳴りはじめ、カリムの心を激しく動揺させ、処刑寸前の姫は難を逃れることができた。カリムは大空を一飛び、シンドバッドとの死闘が展開された。カリムが機を見て決定的な一撃をシンドバッドに下そうとしたとき部下がカリムの心臓を白塔から蹴落とした。その途端、カリムは胸をかきむしりながら死んだ。シンドバッドの胸に姫は抱かれた。...

作品データ

原題 Captain Sindbad
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi