君たちのことは忘れない
ホーム > 作品情報 > 映画「君たちのことは忘れない」
メニュー

君たちのことは忘れない

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

脱走兵の息子をひたすらかばう母の愛を描いたドラマ。ソ連国内で上映禁止となった問題作。監督・脚本は「誓いの休暇」のグリゴーリ・チュフライ、共同脚本はヴィクトル・メレシュ、撮影はユーリー・ソコルとミハイル・デムロウ、音楽はミハイル・ジフが担当。出演はノンナ・モルジュコーワほか。

ストーリー

1943年、独ソ戦のさなか、農婦マトリョーナ(ノンナ・モルジュコーワ)は長男ステパン(ワジーム・スピリドノフ)の行方不明の知らせを受け悲しみにくれる。そしてまだ17才の次男ミーチャ(アンドレイ・ニコラエフ)にも召集が。だが、新兵が集合する駅が空襲にあい、重傷を負ったミーチャをマトリョーナは必死で救い出し、屋根裏部屋に隠す。それは母の愛ゆえのなせるわざだったが、戦死兵として処理されたミーチャも見つかれば処刑の運命である。不安な毎日が続く中、捕虜となり生きていたステパンが生還を果たす。が、ミーチャの存在を明かすわけにはいかないマトリョーナはステパンと言い争い家から追い出してしまう。そして町へ出た彼はかつての婚約者、ニーナが別の男と結婚しているのを見るのだった。戦争は終わった。しかしマトリョーナ親子に平和は訪れない。かつて自分に恋心を寄せていたターニャの結婚式を覗き見て死さえ決意したミーチャを必死でとめるマトリョーナは思い余って神父に相談するが、その反応は冷たかった。そんなある日、ステパンから結婚し子供ができたという電報を受けた彼女は喜びの余りついに緊張の糸が切れて心臓発作を起こしミーチャの膝の上で死ぬ。そしてミーチャは自首をするのだった。...

作品データ

原題 Tryasina Tp cnha
製作年 1978年
製作国 ソ連
配給 日本海映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi