希望の樹
ホーム > 作品情報 > 映画「希望の樹」
メニュー

希望の樹

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

グルジアの詩人、ゲオルギ・レオニーゼの原作を基に、古い因習に縛られた一組の恋人の悲劇的な愛を描いた作品。監督は「祈り」のテンギス・アブラーゼ、脚本はアブラーゼとレヴァズ・イナニシヴィリの共同、撮影はロメール・アフヴレディアニ、音楽はべジーナ・クヴェルナーゼとヤコヴ・ボボヒーゼが担当。出演はリカ・カヴジャラーゼ、ソソ・ジャチヴリアニほか。

ストーリー

革命前のグルジア、コーカサス地方の小さな村にマリタ(リカ・カヴジャラーゼ)という美しい娘がやって来た。彼女はやがて貧しい牧童ゲディア(ソソ・ジャチヴリアニ)と恋に落ちてゆく。平和な村には様々な人々が暮らしていたが、その中でも長老の知恵者、チチコーレ(コテ・ダウシヴィリ)とアナーキストのイオラム(カヒ・カヴサーゼ)の間にはいさかいが絶えなかった。やがて秋が来て、マリタに村一番の金持ちシュテ(ザザ・コレリシヴィリ)との結婚話が持ち上がる。怒ったゲディアはシェテに襲いかかるが、逆に村から出てゆく破目になってしまう。冬、夢想家のエリオズは“希望の樹”を求めて森に入り凍死してしまった。そんなある日、シェテとの愛のない生活に疲れ切ったマリタのもとをゲディアが訪ねてくる。しかし、それが露見し、マリタは村の掟を破ったとして、引き回しの見せしめに合う。そこへ駆けつけたゲディアは何者かに撃たれ、マリタもまた屈辱に耐えかねたようにその後を追って息絶える。その場所には今でも美しい深紅の花が咲いているという。...

スタッフ

監督
テンギス・アブラーゼ
脚本
レバズ・イナニシビリ
テンギス・アブラーゼ
撮影
ロメール・アフヴレディアニ
音楽
ベジーナ・クベルナーゼ
ヤコブ・ボボヒーゼ
字幕
岡枝慎二
松村都

作品データ

原題 Drevo Zhelaniya
製作年 1977年
製作国 ソ連
配給 日本海映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「希望の樹」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi