キス・ミー・ケイト
ホーム > 作品情報 > 映画「キス・ミー・ケイト」
メニュー

キス・ミー・ケイト

劇場公開日

解説

ブロードウェイのヒット、ミュージカルの映画化で1953年のアカデミー賞ミュージカル音楽賞受賞作。プロデューサーはジャック・カミングス。監督は「世紀の女王」「錨を上げて」「アニーよ銃をとれ」等のジョージ・シドニー。脚本はドロシー・キングスレイ、音楽はアンドレ・プレヴイン、ソール・チャップリン、作曲はコール・ポーター、振付はハーメス・パンが担当。出演はキャサリン・グレイスン、ハワード・キールほか。

ストーリー

ミュージカル・スター、フレッド(ハワード・キール)の家に作曲家のコール・ポーターがやってきた。新作ミュージカルが出来あがったのである。それはシェイクスピアの喜劇「じゃじゃ馬ならし」をベースにした「キス・ミー・ケイト」。そこへもうひとり来客。フレッドの別れた妻で、相手役を務める女優のリリー(キャサリン・グレイスン)である。ふたりは出来あがったばかりの曲を早速デュエットした。さらに女優のロイス・レーン(アン・ミラー)も加わり一気に盛りあがりを見せるのだった。やがて、一座の稽古も進み、初日を迎える。開幕を前にフレッドとリリーは昔話に花がさき、特にリリーはフレッドから花束までもらい上機嫌だった。がしかし、実はその花束は彼が若いロイスに贈ったもので、手違いでリリーに渡ってしまったものだった。幕が開いて劇中劇「じゃじゃ馬ならし」が始まった。ところが途中でリリーがさきほどの花束の一件の真実を知り、第1幕は波乱のうちに終了。幕間でもリリーの怒りはおさまらず、ついに舞台を降りるといい出した。そして第2幕の途中で彼女は本当に出ていってしまった。終幕。ロイスを中心にした男女3組のダンス・ナンバーのあとはリリーの代役が締めるはずだったが、フレッドが舞台を見ると、なんとそこには本物のリリーがいた。彼女は帰ってきたのだ。こうして「じゃじゃ馬ならし」同様、フレッドとリリーもハッピー・エンドを迎え、フィナーレでは賑やかにテーマ曲「キス・ミー・ケイト」を歌いあげるのだった。...

作品データ

原題 Kiss Me Kate
製作年 1953年
製作国 アメリカ
配給 ヘラルド・エンタープライズ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「キス・ミー・ケイト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi