傷だらけのキャデラック
ホーム > 作品情報 > 映画「傷だらけのキャデラック」
メニュー

傷だらけのキャデラック

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

50年代の青春を当時のヒット曲に乗せてコミカルに描く青春映画。製作・監督はピーター・ホフマン、共同製作はデイヴィッド・ウィスニーヴィッツ、原作・脚本はレナード・ガードナー、撮影はイエジー・ジーリンスキー、編集はデナイン・ローワンがそれぞれ担当。

ストーリー

1958年、カリフォルニアの片田舎。18歳のウェイン(バリー・タブ)は、ピンクのキャデラックを入手し、ヴァレンティノ・リターンズと名付ける。彼は町一番の美女シルヴィア(ジェニー・ライト)を乗せ、彼女のハートを射止めることを夢みていた。しかし、飲んだくれのクラブ歌手である父(フレデリック・フォレスト)と母(ヴェロニカ・カートライト)の仲は険悪で離婚寸前だし、チンピラにからまれたり、留置場にほうり込まれたりと大変な目にあう。それでウェインは何とかシルヴィアを乗せることに成功するが、そのために彼女の父の怒りを買うハメになる……。...

作品データ

原題 Valentino Returns
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 アスミック

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「傷だらけのキャデラック」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi