消えたセクシー・ショット
ホーム > 作品情報 > 映画「消えたセクシー・ショット」
メニュー

消えたセクシー・ショット

劇場公開日

解説

離婚寸前の夫婦が殺人事件に巻き込まれるというサスペンス・コメディ。製作はアーレン・ドノヴァン、監督」脚本は「殺意の香り」のロバート・ベントン、エクゼクティヴ・プロデューサーはウォルフガング・グラッテス、撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はハワード・ショアが担当。出演はジェフ・ブリッジス、キム・ベイシンガーほか。

ストーリー

1954年、テキサスの田舎町オースチン。町の写真スタジオに、以前に撮ったヌード写真のネガを取り戻しに行ったナディーン・ハイタワー(キム・ベイシンガー)は、そこで店主のエスコバーが殺害される現場に遭遇。目の前に散乱した紙袋をつかんでその場から逃げ出した。ナディーンは人妻だった。夫のヴァーノン(ジェフ・ブリッジス)は、小さなバーを開いているが経営がうまくいかず、新しい女ルネー(グレン・ヘドリー)もできて、2人の間は離婚寸前だった。ナディーンは、母ヴェラ(グウェン・ヴァードン)の開業する美容院で働いていたのだ。殺人を目撃した彼女は犯人から狙われるが、本当の目的は彼女が持って逃げた例の紙袋。極秘と書かれた袋の中身は、市道路公団のハイウェイ建設予定地を記入した青写真で、ヴァーノンの脳裏に金もうけの夢がふくらむ。そんな矢先、ナディーンが土地の顔役ポープ(リップ・トーン)の手下に誘拐されてしまう。一方のヴァーノンは、いとこの弁護士ドワイト(ジェイ・パターソン)に相談し、例の青写真がホンモノであることを確認。ナディーンを人質に青写真引き渡しを迫るポープだったが、危機を乗り越えてヴァーノンは無事にナディーンを救い出した。そして、2人に以前の出会いの頃のムードが甦ってくるのだった。...

作品データ

原題 Nadine
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「消えたセクシー・ショット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi