完全犯罪
ホーム > 作品情報 > 映画「完全犯罪」
メニュー

完全犯罪

劇場公開日

解説

若いカップルが考えた完全犯罪のシナリオが破綻していく様を描くフィルム・ノワール。監督はイギリス出身のマイク・バーカー。脚本は「ラビナス」のテッド・グリフィン。製作総指揮は「フェイク」のマイク・ニューウェル。撮影はベン・セレシン。音楽は「ロミオ&ジュリエット」のクレイグ・アームストロング。美術はソフィー・ベッカー。衣裳は「リトル・シティ」のスーザン・マセソン。出演は「アイ・ウォント・ユー」のアレッサンドロ・ニヴォラ、「カラー・オブ・ハート」のリース・ウィザースプーンほか。

ストーリー

リサイクル会社で働くニック(アレッサンドロ・ニヴォラ)は元同級生のブライス(ジョシュ・ブローリン)とバーで思い出話をしていた。そこへ、セクシーな美女リサ(リース・ウィザースプーン)が現われる。その夜、電話で呼び出されたニックが豪邸へ行くと、縛られたリサが……。4カ月前。ニックはリサと出会った。退屈な日常から抜け出すためにも、彼は父の遺産が入ればリサと町を出られると期待していた。しかし、父は保険に入っておらず遺産はゼロ。ニックは同僚のバリー(ジェミー・マーシュ)の口車に乗り、麻薬の横取り計画に協力させられるが、売人につかまり金を返すよう脅される。困ったニックはリサに協力を頼み、ブライスをだまして豪邸から20万ドル相当の古紙幣を盗もうとしていたのだ。バーにやってきてブライスを誘惑したのはリサだった。レイプをネタに脅し、紙幣を盗んで脱出するはずのリサだったが、ブライスが「帰さない」と言い張る。ニックはリサを殺したふりをして車のトランクに入れ家を出る。ところが、車は麻薬売人に持ち去られ、ニックはリサを人質にさらなる金を要求される。しかし、ニックはこれがバリーの狂言だと気づく。解放される二人。リサは怒るが、ニックの素直な謝罪でもう一度心を開くのだった。...

作品データ

原題 Best Laid Plan
製作年 1999年
製作国 イギリス
配給 20世紀フォックス
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

完全犯罪
完全犯罪
2016年6月3日
¥324
GYAO!ストア
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi