かわうそタルカの冒険
ホーム > 作品情報 > 映画「かわうそタルカの冒険」
メニュー

かわうそタルカの冒険

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

絶滅寸前の動物かわうその誕生から死までをドキュメンタリー・タッチで描く。製作はジャネット・コーベンとフランク・パウィス。監督はドキュメントTV出身のデイヴィッド・コーベン。ヘンリー・ウィリアムソンの原作を基にジェラルド・デュレルとデイヴィッド・コーべンが脚色。撮影はテリー・シャネル、ジョン・マッカラムとジョン・バクストン、編集はチャールズ・デイヴィスが各々担当。日本版スタッフとして増田久雄(製作)、熱海鋼一(構成・監督)、南こうせつ(音楽)、青木望(音楽)、桜田徳一郎(編集)、夢野凡天(アニメ監修)などが協力。声の出演は奈良岡朋子、平松慎吾、大田黒武生、永田博文、岩田博行など。

ストーリー

1927年、イギリス。北デボン州の田園では、様々な動物たちが平和に暮らしていた。大きな樫の木の中で、かわうそと白ふくろうが奇妙な共同生活を送っており、かわうそには、もうすぐ赤ちゃんが生まれようとしていた。5月のある日、かわうそには男の児が生まれ、“タルカ”と名付けられた。それには“水の放浪者”という意昧があった。ある日、タルカにとって悲しい出来事が起こった。タルカの父親がハンターによって撃たれてしまったのだ。そして母親とウナギを取りに出かけた時、今度はタルカをかばって母親がハンターの手にかかって殺された。両親を失ったタルカは旅に出る決意をし、生れ育ったその地を出発した。ある湿地帯で、タルカは、可愛いメスのかわうそホワイトチップを知るが、身体の大きなかわうそが現われ、ホワイトチップをさらって行ってしまった。やがて春。元気に旅を続けるタルカは、偶然ホワイトチップと再会した。二匹は心ゆくまで泳ぎ回り愛を誓い合った。ある日、二匹の間に赤ん坊が生まれ、タルカはオスの子二匹、メスの子一匹の親になった。やがてかわうそ狩りの季節がやってきた。かわうそ狩りの一団から、タルカはうまく逃げ回るが、鼻先に止ったトンボのために、遂に見つかってしまった。そして、勇敢に闘ったタルカも子供たちを残して、悲しくも死んでいくのだった。...

作品データ

原題 Tarka The Otter
製作年 1978年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi