華麗なるギャツビー(1974)のレビュー・感想・評価

華麗なるギャツビー(1974)

劇場公開日 1974年8月3日
7件を表示 映画レビューを書く

純粋で繊細な狡くて悪い男の横恋慕 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合75点 ( ストーリー:80点|キャスト:75点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:60点 )

 村上春樹が絶賛していたので、本人が訳をしている原作を昔に読んでみたが、派手な生活の影でいつまでも心の内で一人悶々と悩み続けるギャツビーの姿に特にはまれず。そんな原作の内容もおおかた忘れてしまったところで本作を鑑賞する。

 上流階級の人々が暇を持て余して不道徳と享楽に耽る様子を眺めているのは、『甘い生活』を思い起こさせる。その中で段々と謎の隣人の正体に興味が湧いてくる。一体彼は何者なのか、自分が顔を出さないこの派手な宴会は何の意味があるのか。

 彼は貧乏で不幸で小心で劣等感だらけで、それを隠すために噓つきで狡くて、それでも純粋無垢で繊細であった。穢れた大人の世界では、彼は浮いていたし馴染むことが出来なかった。経済的には成功を収めても、過去は取り戻せないし無垢な心が穢れた現実も受け入れられないし真実を捉えることも出来なかった。不幸で貧乏なころに心に残った輝く思い出のあの人は、いつまでも理想のあの人のままでいて欲しかったのだろう。彼は純粋に狡い浅薄な女を愛し、それなのに女も純粋であって彼を愛し続けていてくれたと一方的に思い込んでいた。
 金も学歴も地位もある人々との社会格差を、違法行為に手を染めて成金になって学歴詐称をしても猶完全には埋めることが出来ず、それでも思いだけは届いていると信じている。その繊細な男が一人で盛り上がり自滅していき、そして使用されるだけ使用されて命まで失う。彼にとって苦労して手にした金や地位は、たった一人の女のためであった。でも上流階級の人々にとっては、その地位が何より大切であった。その様子に哀れみが感じられて、なかなかに面白かった。

 原作を読んだときにはそうでもなかったのだが、人物と映像が視覚的に入ってくると簡単にギャツビーの人物像が理解できた。いずれ原作を読み直してもいいかと思った。

Cape God
Cape Godさん / 2016年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸せな死に方ナンバーワン

原作も読みました。リメイク版は見ていません。

いろいろ思うことはありましたが、
鑑賞した当時、ギャツビー以上に幸せな死に方はないんじゃないか、と思った記憶があります。

とば
とばさん / 2015年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロバートレッドフォード、美しい!

ギャッツビーの人生が、なんだか痛々しくもあり、恋に生きて、華麗に最後を遂げたようでもあり…。でも、自分の好きなタイプの映画ではなかったなあ…σ^_^;ミアファロー、しょうもないヒトにしか見えなかったし…。親友の目線を通していなかったら、救われなかったなあ…。利用する人と、利用される人と。
原作も読んでみたいとおもいました。
ただ、ロバート・レッドフォードは美しかったです!佇まいが、ロマンチックが、似合う〜‼︎やぶさかではない視点ですが(*^_^*)

のりり♪
のりり♪さん / 2014年2月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん、、

リメイク版のほうから観たからなんとなく物足りなく感じでしまった(;_;)

演出も役者もリメイク版のほうが自分の好みだった

ミアファローの最後のシーンで振り向きもしないところは良かったと思う

s_k
s_kさん / 2014年1月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

次は原作を読もう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ディカプリオの最新作を先に観て、あらためてレッドフォード主演作と比べてみた。

まず、両作品の類似点の多さに驚く。特にオープニングのシーンなどバズ・ラーマンがあえてジャック・クレイトンに忠実に作ったのかと思えるほど。とはいえ、ジェイがニックに自らの半生を語るところは最新作のほうが丁寧で、逆にラストシーンで登場するはずの父親が出てこないところは大きく食い違う。またデイジーの夫で大金持ちのブキャナンが修理工ウィルソンに女房殺しの「犯人」をそそのかすやり方も多少の違いが見られる。

個人的にはディカプリオのジェイ、ミア・ファーローのデイジーのほうがが印象に残るという困った結果になった。ニックも見た目はサム・ウォーターストーンなんだけど、語り部としての役割はトビー・マグワイアのほうが大きく、うーん悩ましい。

deerglove
deergloveさん / 2013年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今、見直すとそれ程の感動は無いが、名画として観る価値はある

74年に制作された「華麗なるギャツビー」は、今では「なつかしの名画」と言う部類の映画になってしまうのだろう。
その名作が今回、すっかり天才子役から、演技派俳優となりハリウッドには不可欠の実力派俳優に育ったディカプリオを主演に迎えて、リメイクされると言う事で、昔の作品の記憶があいまいなので、改めて見直してみる。
公開してから、数年の後に私は名画座でこの作品を観たのが、10代の時で、その当時観た印象と今回では全く違ったものだった。
この映画の脚本を担当していたのが、先ずコッポラであった事を私は忘れていた。
そして、このコッポラの描くジェイ・ギャツビーは原作の物語とちょっと違った作りになっていた事と、それに加えて、今回観て見ると、レッド・フォード演じるジェイよりも、彼の邸宅の隣に住むニックこそが、主役に見えてならない。
この作品を初めて観た当時はギャツビーを演じたロバートレッドフォードに意識の総てが集中してしまっていて、その他の事は全く印象に残っていなかったのだ。
彼は「裸足で散歩」68で一躍有名になり、娯楽映画の名作となった「明日に向かって撃て」「スティング」と話題作品を総ナメにして、今ではラブストーリーの古典的名作「追憶」にも出演していた。この「華麗なるギャツビー」の後には、あの問題作「大統領の陰謀」に出演した。
彼の笑顔が最高で、そのイケメンぶりが群を抜いていたので、日本でも既に多くのファンを獲得して、常に洋画では話題の中心だった。
特に私は彼の映画ファンではなかったが、今調べてみると80年の「ブルベイカー」までに
17作品を観ていた事になる。
これには、改めて驚いた。ハリウッド映画を中心に観ていた私は、ハリウッド映画を普通に観ていたのであり、彼の映画をマークしていた訳ではないのだが、彼の若い頃の殆んど作品を結果的に観ていたのだ。
彼の相手役のミア・ファーローが大人の女性の魅力があって、当時は憧れていて、その後のウディ・アレン作品に出演する彼女も楽しみにしていたものだ。
しかし、いくら昔のアメリカのブルジョワ階級の人々の人間模様を描いた古典文学作品の映画化とはいえ、貧しい育ちで、苦労して1代で莫大な富を築いたギャツビーが何故、贅沢な生活だけが出来れば幸せと、自己中に生きる、あのデイジーにあれ程まで、憧れ追い求めたのかが、全く理解出来ない。
貧しい育ちの彼には、デイジーとの結婚が、彼の人生の成功・勝利の象徴になったのだろうが、どん底から、這い上がり、成金王のようになったジェイ・ギャツビー程の人物であるのなら、本来あのようなデイジーを想い続ける事は出来ないはずだ。
しかし、この映画は、豪勢なパーティやら、邸宅と贅沢で華麗な世界ばかりを描いていて、今では退屈な作品に思えるのだが、美術などを始め、お金をかけて、良く制作したものだと感心した。CG合成出来ない、フィルム撮影の時代を考えると凄い作品である。

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2013年4月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青年の日の夢と野望と社会における階級制度と(涙) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

青年の日の夢と野望と社会における階級制度と・・・。(涙)
私の不良少年時代に最も影響を与えてくれた映画です。
最底辺の公立高校ですら、退学寸前だった私は、この映画に出てくるギャツビーの姿に憧れて大学進学を志すようになります。
けれども、一浪後、進学出来たのは明治学院大学社会学部社会学科の夜間。
ANA系の旅行会社の添乗員として働き、4年間成績優秀、奨学金を貰いながら卒業しました。
1980年代後半に学生時代を過ごした私は、運よく学生時代がバブル全盛期と重なりました。大学1年の秋から、六本木のDISCOを借りきってのパーティーを主催。
やがて他大学の友人達と一緒に始めた合同パーティーのリーグは大当たりし、春の新歓、秋の文化祭、クリスマスシーズンなど、毎週のように合同パーティーを主催るようになります。
私は、主催者の一人でありながらも、司会や受付などの表舞台はハンサムな友人達スタッフに任せて、スポンサーと金と、美女と利権を操り、常にVIPルームなどから、パーティの様子を眺めているギャツビーのようになっていったのです。
そして、冬のスキーシーズンには、北海道への格安スキー旅行を企画し、学生ツアーとして大当たりしたのです。
さて、この映画の見所のひとつは、豪華なパーティーシーンや衣裳の素晴らしさ。
ロバート・レッド・フォード演じるギャツビーは、男から見てもそのかっこ良さに痺れてしまいます。

エール大学卒と称するギャツビーの学歴は、勇敢な兵士として、戦場で手柄を立て勲章を貰った褒美として聴講生として通ったもの。
正式な卒業生ではなかったのです。そんな普通の庶民出身のギャツビーが心から愛した運命の女性は、上流階級の美女ディズィ。
ディズィは、優秀な下士官であったギャツビーと恋に落ちるも、エール大学卒の上流階級の男性の元へと嫁いでしまうのです。
転戦し、戦地にてディズィの婚約を新聞記事で知ったギャツビーは、上流階級の人妻となったディズィの心を取り戻すという大いなる野望を抱くのです。
手段を選ばず、金の亡者と化したギャツビーは、ディズィ夫妻の邸宅のある対岸に、豪華な屋敷を建て、毎週のように豪華なパーティーを主催するのです。
全ては、ディズィの心を取り戻すためだけに・・・。

【明日に向かって撃て!】
【スティング】

【華麗なるギャツビー】

を、私は勝手にロバート・レッド・フォード三部作と称しています。

【華麗なるヒコーキ野郎】
や、

【追憶】

よりも、どうしても、私の思い入れの上では、

【華麗なるギャツビー】

の方が強いのです。

漫画史研究家の本間正幸
漫画史研究家の本間正幸さん / 2011年8月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi