狩場の悲劇
ホーム > 作品情報 > 映画「狩場の悲劇」
メニュー

狩場の悲劇

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

地方の田園生活を背景に若い娘をめぐって愛と犯罪が入り乱れるサスペンス、タッチの人間ドラマ。チェーホフの長編小説を基に「ジプシーは空にきえる」のエミーリ・ロチャヌーが監督・脚本、撮影はアナトリー・ペトリツキー、音楽はエヴゲニー・ドガ、美術はボリス・ブランクが各々担当。出演はガリーナ・ペリャーエワ、オレーグ・ヤンコフスキー、キリール・ラヴロフ、レオニード・マルコフなど。日本語版監修は岡枝慎二。ソヴカラー、ビスタサイズ、一九七八年作品。

ストーリー

退廃した毎日を暮らす貴族と貧しい生活を送る平民たち。貧富の差が激しいとある田園地方。荒れた領地の持主カルネーエフ伯爵(キリール・ラヴロフ)は、酒宴に興じた日の明け方、森の中で、天使のような美しい娘オーレニ(ガリーナ・ベリャーエワ)の姿をかい間見、一目で惹かれた。この領地で唯一清楚な存在の彼女の父は、森番で気違いだ。そんな彼女も、生活の安定のために伯爵の執事ウルベーニン(レオニード・マルコフ)と結婚することになった。酒乱で二人の子持ちのウルベーニンとオーレニカとの結婚に人々は複雑な思いを抱いた。しかし結婚式の日、村の洞窟に姿を消していたオーレニカに、以前より恋心を抱いていた付添人役のカムイシェフ(オレーグ・ヤンコフスキー)が愛を告白する。ウルベーニンとの愛のない生活はすぐに破局を迎え、カルネーエフ伯爵との情事を続けるオーレニカ。貧しかった彼女にとって、裕福な生活が何よりも望ましいのだ。彼女の乱れた姿を目撃して怒るカムイシェフ。そして、ある日、森の中で何者かによって刺されて倒れているオーレニカの姿が発見されるのだった。...

作品データ

原題 Drama Na Okhote Драма На Охоте
製作年 1978年
製作国 ソ連

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第31回 カンヌ国際映画祭(1978年)

出品
コンペティション部門
出品作品 エミーリ・ロチャヌー

他のユーザーは「狩場の悲劇」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi