彼女は二挺拳銃
ホーム > 作品情報 > 映画「彼女は二挺拳銃」
メニュー

彼女は二挺拳銃

劇場公開日

解説

「我輩は新人生」のライター・チーム、リチャード・セイルとメアリ・ルースの夫妻が共同で書き下した脚本を、セイル自身が監督し、「高原の白馬」のロバート・バスラーが製作にあたった1950年作品のテクニカラー西部喜劇映画。主演はヴォドヴィル出身の喜劇俳優ダン・デイリー(「日曜日は鶏料理」)と「イヴの総て」のアン・バクスターで、ウォルター・ブレナン(「月下の銃声」)、ロリー・カルホーン、チャールズ・ケンパーらが助演している。撮影は「アリゾナの決闘」のハリー・ジャクソン、作曲は「高原の白馬」のシリル・モックリッジ。

ストーリー

西部に鉄道の敷設された頃、旅回りの行商人ジョニイ(ダン・デイリー)は、行きがかりで、トマホーク行の処女列車に乗ったが、この列車は一定期限内にトマホークに到着しないと鉄道会社が運転の権利を失うというので、機関手スウィーニイ(ウォルター・ブレナン)は大張りきりだが、気の弱いジョニイはビクビクものだった。鉄道を歓迎しない駅馬車会社の主ドウスン(M・ヒューゴー)は、手下のダコタ(ロリィ・カルハーン)、トランコス、ギラに命じて、線路上に大岩を置いたので、汽車は立往生、ジョニイは町へ救援を求めに行く役を買って出た。一方町では、保安官のダッジ(W・ライト)が、トランコスとギラに命を狙われ、娘キット(アン・バクスター)が危いところを救ったが、ジョニイはその騒動にまきこまれ、保安官やキットから、悪漢の一味と思われて町を立ち退くことを命ぜられた。列車は町に到着したが、先方40マイルに距ってレールがないことが分かり、キットは自ら荷馬車隊を組織して列車を運ぶこととなり、ジョニイやダコタも同行した。途中、インディアンが襲って来たが、幸い攻撃を免れ、無事、線路のある町に着いた。列車がトマホークに向かって出発する時、ダコタはスウィーニイを脅して汽車を勝手に発車させ、キットは馬で追撃した。ジョニイは勇気をふるってダコタを列車から転落させたが、突然ドウスン一味が現れ機関車に弾丸を打ちこんだので、列車はトマホークを目前にして止まり、期限迄あと数分を余すのみだったが、ジョニイの機転で町長が列車の止まっている所までトマホークの町にするということで、万事解決、キットとジョニイも結ばれた。...

作品データ

原題 A Ticket to Tomahawk
製作年 1950年
製作国 アメリカ
配給 セントラル

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

彼女は二挺拳銃[DVD] 栄光何するものぞ[DVD]
彼女は二挺拳銃[DVD] 栄光何するものぞ[DVD]
発売日:2013年4月18日 最安価格: ¥777 発売日:2004年12月24日 最安価格: ¥3,888
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi