哀しみのスパイ
ホーム > 作品情報 > 映画「哀しみのスパイ」
メニュー

哀しみのスパイ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

イスラエルの諜報組織モサドに身を投じながら、何かと思い悩む青年の姿を描いた異色のスパイ映画。監督・脚本は「愛さずにいられない」「愛を止めないで」のエリック・ロシャン。製作は「愛さずにいられない」「憎しみ」などを世に出したラゼネック・プロの設立者であるアラン・ロッカ。テーマ曲はブラジル音楽の重鎮カエターノ・ヴェローゾ。主演はロシャン作品の常連イヴァン・アタル。共演は「アパートメント」のサンドリーヌ・キベルラン、「殺しのドレス」のナンシー・アレン、「つめたく冷えた月」のジャン=フランソワ・ステヴナン、クリスティーヌ・パスカル、「愛さずにいられない」のイポリット・ジラルドほか。

ストーリー

アリエル(イヴァン・アタル)は18歳の誕生日を迎えた直後、パリを離れテルアビブに来た。祖国イスラエルの諜報組織モサドのスパイになるためだ。4年後、アリエルはヨシ(ヨシ・バナイ)による訓練を終え、準備期間を無事クリアー。いよいよ初めての任務。それは核の脅威からイスラエルを守る為に、フランスの原子力科学者から情報を入手するという厄介なものだった。任務のさなか、アリエルはパートナーとして組んだ高級娼婦マリー=クロード(サンドリーヌ・キベルラン)に一目惚れ。だが、工作は失敗、マリー=クロードは消息を絶ってしまう。失意も癒えないうちに、次の仕事として情報提供者であるアメリカ人のペルマン(リチャード・メイサー)と接触を持つが、利用価値がなくなるとモサドは彼を捨てた。アリエルはモサドでのスパイ生活に虚しさを覚え、久しぶりに姉ローレンス(クリスティーヌ・パスカル)をたずねる。彼はモサドでの仕事を克明に綴った日記を彼女にひそかに渡そうとするが、姉が交際しているというダニエル(イポリット・ジラルド)が制止した。彼もモサドの一員だったのだ。上司のヨシは「物事を悪くとらえすぎてはいかん」とアリエルを諭す。その直後。アリエルは空港で死んだはずのマリー=クロードに再会する。二人は空港の一室で愛を交わすのだった。...

作品データ

原題 Les Patoriotes
製作年 1994年
製作国 フランス
配給 エース ピクチャーズ配給(日本ビクター提供)
上映時間 113分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第47回 カンヌ国際映画祭(1994年)

出品
コンペティション部門
出品作品 エリック・ロシャン

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「哀しみのスパイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi