片腕サイボーグ
ホーム > 作品情報 > 映画「片腕サイボーグ」
メニュー

片腕サイボーグ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

悪と戦うサイボーグの活躍を描く。監督はマーティン・ドールマン、脚本はエリザベス・パーカー、ソウル・サシャ、ジョン・クローザー、撮影はジョン・マクフェランド、音楽はクラウディオ・シモネッティが担当。出演はダニエル・グリーンほか。

ストーリー

近未来。荒廃した環境保存を推し薦めている目の不自由なエコロジスト、アーサー・モーズリー(クラウディオ・カッシネリ)。彼の命を狙う若者がいた。鋼鉄の腕をもつサイボーグのパコ・クエラック(ダニエル・グリーン)だ。精神まで訓練させている殺人鬼だ。彼を操るのは悪徳企業家フランシス・ターナー(ジョン・サクソン)。このターナーにとってモーズリーの運動は目のうえのたんこぶなのだった。まんまとモーズリーの部屋に入り込んだパコだったが、彼の30パーセントの人間性が目覚め、暗殺は失敗に終った。パコは逃げる。故郷アリゾナを目指しているうちに、人間性を取り戻しつつあった。暗殺失敗に終ったことを知ったターナーは、パコの追跡に当たった。一方、FBIは、ペキンパー博士(エイミー・ウエルバ)をリーダーにモーズリ暗殺未遂事件を追った。パコはアリゾナに入り、美しい女性リンダ(ジャネット・アグラン)が経営するカフェ・モーテルで働き始めた。このモーテルの名物は、トラック・ドライバー達のアーム・レスリングだ。そこで、乱暴もののラウエル(ジョージ・イーストマン)を打ち負かし、それをきっかけにリンダとの間に恋が芽ばえた。しかし、ターナーとFBIの追跡が迫った。リンダとともにターナーに挑むパコは、見事にターナーを倒し、取り囲むFBIの説得のまえで、人間性をみせるのだった。...

作品データ

原題 Hands of Steel
製作年 1986年
製作国 イタリア
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「片腕サイボーグ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi