カスパー・ハウザーの謎
ホーム > 作品情報 > 映画「カスパー・ハウザーの謎」
メニュー

カスパー・ハウザーの謎

劇場公開日

解説

19世紀実際に起きた、捨て子のカスパー・ハウザー事件を素材にして事件の分析を試みた作品。'75年度カンヌ国際映画祭審査員特別賞/国際映画批評家連盟賞受賞、ニューヨーク・フィルムフェスティバル最優秀映画賞受賞作品。監督・脚本は42年生まれでこれが6作目のヴェルナー・ヘルツォーク、撮影はヨルク・シュミット・ライトヴァインが各々担当。パッヘルベル、オルランド・ディ・ラッソ、アルビノーニ、モーツァルトの音楽が挿入されている。出演はブルーノS、ワルター・ラーデンガスト、ブリジット・ミラ、ハンス・ムゼウスなど。

ストーリー

ドイツの田舎に1人の男カスパー(ブルーノ・S)が現われた。彼は今まで穴蔵に閉じ込められ、鎖につながれる生活をしてきたので、すわるか横たわることしかできず、喋れない。人々は彼に興味を示し、次第に人々の好奇心は彼の人間性を傷つけていった。やがて、色々なことを教えこまれた彼は、サーカスの見せ物にされ、ついには殺されてしまう。カスパーは一体何者だったのだろうか。彼が殺された今では、誰もわからない。...

作品データ

原題 Jeder fur sich und Gott gegen Alle
製作年 1975年
製作国 西ドイツ
配給 欧日協会
上映時間 110分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第28回 カンヌ国際映画祭(1975年)

受賞
審査員特別グランプリ ベルナー・ヘルツォーク
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 ベルナー・ヘルツォーク
出品
出品作品 ベルナー・ヘルツォーク

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • キャラバンの目指す先は・・・? ネタバレ! さすがにヘルツォークは裏切らない。これが本作を観終わった直後の感想。 19世紀最大の謎と言われるカスパー・ハウザーは実在の人物。彼は十数年間地下室に閉じ込められ、記憶を失い、言葉もしゃべれず、歩... ...続きを読む

    Chemy Chemyさん  2011年6月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

カスパー・ハウザーの謎
カスパー・ハウザーの謎
2016年12月7日
¥300
Amazonビデオ
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi