女と女と井戸の中
ホーム > 作品情報 > 映画「女と女と井戸の中」
メニュー

女と女と井戸の中

劇場公開日

解説

荒涼としたオーストラリアの田舎を舞台に、女性二人の愛憎、葛藤を、寓話的に描いた一編。監督はこれが長編第1作となる女性、サマンサ・ラング。製作はサンドラ・レヴィ。脚本は「ある貴婦人の肖像」のローラ・ジョーンズ。原作はエリザベス・ジョリー。撮影は「ラブ・セレナーデ」のマンディ・ウォーカー。音楽はスティーヴン・レイ。美術は『ボツパ』(V)のマイケル・フィリップス。編集は「エンジェル・ベイビー」のダニー・クーパー。衣裳は「ラブ・セレナーデ」のアナ・ボーゲージ。出演は「ハーモニー」のパメラ・レイブ、「ラブ・セレナーデ」のミランダ・オットー、「ハーモニー」のポール・チャブほか。オーストラリア・アカデミー賞主演女優賞、脚色賞、美術賞を受賞。

ストーリー

長い間父親と二人暮らしの中年女性、ヘスター(パメラ・レイブ)の元に、家政婦として若い娘キャスリン(ミランダ・オットー)がやってきた。はじめはぎこちない関係の二人だったが、やがて親密な感情が生まれる。ヘスターの父親が死に彼女が遺産を相続すると、二人は思うままの贅沢な生活を送るようになる。遺産が底をつくと農場を売り、農場の外れにある小屋に移り住んで、夢のような田園暮らしを続けていた。ところがある夜、酔っ払って車を運転していたキャスリンが、人通りのない道で男を轢いてしまってから、二人の関係は狂いはじめる。おびえるキャスリンに代わってヘスターは男の死体を庭の使われていない井戸に捨てる。翌日、二人は隠しておいた大金がすべてなくなっていたことから、死んだ男は空き巣だったのに違いない、だからなくなった大金は死体と一緒に井戸の底にあるのだと考えた。ヘスターはキャスリンに井戸の中に入って金を取ってくるように言うが、おびえたままのキャスリンはヘスターの命令に強い嫌悪を覚え、「自分は井戸の底の男に食べ物を与え生かしてきた、そして彼を愛している」などと口走るようになる。外は嵐を前にして雨が降り続いている。涸れていた井戸の水位が雨で上昇しはじめる頃、二人の確執は決定的なものになっていた。やがて夜が明ける。キャスリンはヘスターの元を去った。しかし彼女のトランクには、井戸の底にあるはずの大金が詰め込まれているのだった。...

作品データ

原題 The Well
製作年 1997年
製作国 オーストラリア
配給 アスミック配給(アスミック・エース エンタテインメント提供)
上映時間 102分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

出品
コンペティション部門
出品作品 サマンサ・ラング

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 巧みな心理サスペンス。 果てしない大地に抱かれて暮らすひとつの家。父と二人暮らしのへクター。 家政婦として雇った若い娘のキャサリン。やがて年老いた父が亡くなり二人で暮らすことになる。 だが、経済的に窮したへクターは、家... ...続きを読む

    みっどないと・シネマ みっどないと・シネマさん  2012年5月13日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「女と女と井戸の中」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi