女だけの都のレビュー・感想・評価

メニュー

女だけの都

1件を表示 映画レビューを書く

やっぱり女は強いのよ☆ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やっぱり「女は強い」。男は女なしでは生きられないけど、女は男なしでも十分生きていける。生活に対する知恵が働くし、身の周りの世話がキチンとできるからだ。ウーマンリブ映画だが、この作品の面白いのは舞台が中世の所。まだまだ女性に対する差別が激しいこの時代だからこそ、女性が威張り散らすだけで脳の無い男性をやりこめるところが爽快だ。さらに、公開当時ではきっとまだタブーとされているであろう、女性の性意識もあっけらかんと描かれていてニヤリとさせられる(部屋ごとの男と関係を持っちゃう宿屋の女将とか)。興味深いのは、男性と女性の結婚観の違い。特に中世では娘の結婚は父親の意見に左右される。欲深い父親が、娘の好みとは真逆のとんでもないイヤな男と無理やり政略結婚させるこの時代でも、恋する乙女の心は変わらない。貧しくても愛する人と結婚したいのだ。そしてそんな娘の気持ちを誰よりも解ってくれるのは同じ女である母親。何人もの子供を育て上げ、横暴な夫に従えて来た母親達は、攻めてきたスペイン兵を手なずけ、平和をもたらし、愛し合う者たちを無事結婚させてやる。このバイタリティー、本当に女は強いのだ。素晴らしい女性賛歌であるとともに、上質なコメディーの秀作。

Chemy
Chemyさん / 2006年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi