愚か者の日
ホーム > 作品情報 > 映画「愚か者の日」
メニュー

愚か者の日

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

女だけの精神病院で美しく狂ってゆく若き女性の姿を通して人間存在の狂気をアレゴリカルに描いた一編。製作はハラルド・クーガー、監督・脚本はニュー・ジャーマン・シネマの旗手として知られる「薔薇の王国」のヴェルナー・シュローター、共同脚本はダナ・ホラコーワ、撮影はイヴァン・シュラペタ、音楽をペール・ラーベンが担当。出演はキャロル・ブーケ、イングリッド・カーフェンほか。

ストーリー

キャロル・シュナィダー(キャロル・ブーケ)20歳。裕福な家庭に生まれながら、内に深い狂気を秘める彼女の言動は日ごとにエスカレートするばかりで、近所に住む女性を見境いなくテロリストだと密告し始めるに至って、ついに警察によって精神病院に収容される。そこは女ばかりの異様な館で、ジプシーや娼婦、それにキャロルによって密告された女までがいた。病気は観念に過ぎないという信念を持つこの病院の女医ラウラ(イングリッド・カーフェン)は、キャロルの錯乱が見かけだけのものであると判断し、何とか彼女の心を開かせようと接近してゆく。ラウラの考え方は患者をなるべく束縛せず一般社会と同じように暮らさせるという一種の解放病棟の方法であったが、退院を勧めるラウラの言葉に逆らうようにキャロルはさらなる狂気の淵に沈んでいった。常に自分の生を自覚し、それゆえ逆に強く死を願うキャロルにとって今や病院はついのすみかのように思えた。にもかかわらずラウラの手によって強引に社会に戻されたキャロルは結局自分の居場所を見つけられぬまま車にはねられて死ぬ。その死に深い罪の意識を感じたラウラもまた突然激しい錯乱に陥り、その脳裏から病院と外の社会をへだてる壁ははぎとられていった。...

作品データ

原題 Tag Der Idioten
製作年 1989年
製作国 西ドイツ
配給 アルバトロス

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第35回 カンヌ国際映画祭(1982年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ベルナー・シュレーター

他のユーザーは「愚か者の日」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi