オリーヴの下に平和はない
ホーム > 作品情報 > 映画「オリーヴの下に平和はない」
メニュー

オリーヴの下に平和はない

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「にがい米」のジュゼッペ・デ・サンティスが監督する彼の第三作で一九五〇年作品。彼と「にがい米」のジャンニ・プッチーニが物語を書卸し、この二人にリベロ・デ・リベロ、カルロ・リッツァーニが加わって脚本を書いた。撮影はピエロ・ポルタルーピ(「恋愛前奏曲」)、音楽は「にがい米」のゴッフレード・ペトラッシの担当。「嘆きのテレーズ」のラフ・ヴァローネに、日本初見参のルチア・ボゼーが主演し、「にがい米」のマリア・グラツィア・フランチャと「荒野の抱擁」のフォルコ・ルリらが共演する。

ストーリー

中部イタリアの丘陵地帯チョチャリア。大戦が終って青年フランチェスコ(ラフ・ヴァローネ)はここに復員して来たが、応召前彼の所有だった羊の群は村のボス、ボンフィリオ(フォルコ・ルリ)にすべて奪われていた。村人達はボンフィリオの威勢をおそれてフランチェスコのために有利な証言も出来ず、しかも彼の昔の恋人ルチア(ルチア・ボゼー)もまた無理にボンフィリオの婚約者にさせられてる有様である。その婚約披露の晩、フランチェスコは一家をあげて羊を奪い返そうとボンフィリオの牧場を襲った。しかし逃げおくれた妹のマリア(マリア・グラツィア・フランチャ)はボンフィリオに犯され女心のはかなさからこの男を忘れられなくなってしまった。翌朝フランチェスコは逮捕され、公判が開かれるとルチアさえ彼に不利な証言をした。両親から口止めされたためだった。フランチェスコは有罪を宣告された。ボンフィリオはこの地一帯の牧場を次々と手に入れ、更にルチアとの結婚を強行しようとしたが、これはマリアの出現で不成功に終った。ルチアは脱獄して山にかくれたフランチェスコの許へ走った。復讐の機を狙うフランチェスコに警察の手は伸びた。が、彼はルチアと共に包囲を破り、ボンフィリオの家に迫って行った。ボンフィリオはマリアの手を執って逃れ、牧人達に助けを求めたが、彼に対する反感をつのらせていた村人達は扉を閉してレジスタンスを試みた。逃げまどう彼は逆上のあまりマリアをしめ殺し、やがて追い迫ったフランチェスコに押しつめられて、弾丸をうちつくして崖上から転落し果てた。復讐を終えたフランチェスコは、村人の讃歎の眼に送られつつ縛についた。...

作品データ

原題 Non c'e pace tra gli ulivi
製作年 1950年
製作国 イタリア
配給 イタリフィルム=松竹

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi