オブローモフの生涯より
ホーム > 作品情報 > 映画「オブローモフの生涯より」
メニュー

オブローモフの生涯より

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

若くして食べることと寝ること以外に何にも興味をもたない貴族オブローモフの生活態度を精力的な幼なじみの姿と対称させながら描く。監督は「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」のニキータ・ミハルコフ。イヴァン・ゴンチャロフの原作を基にアレクサンドル・アダバシャンとニキータ・ミハルコフが脚色。撮影はパーヴェル・レベシェフ、音楽はエドゥアルド・アルテミエフ、美術はアレクサンドル・アダバシャンとアレクサンドル・サムレキンが各々担当。出演はオレーグ・タバコフ、エレーナ・ソロヴェイ、ユーリー・ボガトィリョフ、アンドレイ・ポポフなど。

ストーリー

のどかなオブローモフカ村で青春期を過ごしたオブローモフ(オレーグ・タバコフ)がペテルブルグに移り住んで12年がたち、彼も30歳をすぎようとしていた。彼は、一日中部屋に閉じこもったままで外にも出ず、食べるためだけに起きるという生活を送っていた。彼とは対称的に、幼なじみのドイツ系ロシア人シュトーリツ(ユーリー・ボガトィリョフ)は、今では優秀な官吏として精力的に人々と接する日々を送っていた。シュトーリツは、相変わらず寝てばかりいるオブローモフの生活態度を“オブローモフ主義”と呼び、彼の無気力さを変えさせようとした。ある日、シュトーリツは、知人の娘オリガ(エレーナ・ソロヴェイ)をオブローモフに紹介する。意外にもオブローモフは、オリガに夢中になり、これまでの彼の生活に変化が生じる。そんな頃、シュトーリツがパリに旅立ち、その間に、オブローモフとオリガの仲も進展する。しかし、消極的な彼は、本心をオリガに告げることができず、彼女の心を完全につかむことはできなかった。やがてシュトーリツが戻り、彼はオリガと結婚する。そしてオブローモフは、元の生活に戻り、平凡に結婚し、ひっそりとその生涯を終えるのだった。...

作品データ

原題 A few days of I.I. oblomov's Life Нескопько аней из жизни И.И. Обломова
製作年 1979年
製作国 ソ連
配給 日本海映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「オブローモフの生涯より」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi