大時計
ホーム > 作品情報 > 映画「大時計」
メニュー

大時計

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「戦乱の花嫁」のリチャード・メイボウムが製作、「密輸空路」のジョン・フアロウが監督に当たった1948年度作品。詩人ケネス・フィアリングの小説を、探偵作家のジョナサン・ラティマーが脚色したスリラーで、撮影は「失われた週末」のジョン・サイツ、音楽は「火の海」のヴィクター・ヤング。出演者は「春の珍事」のレイ・ミランド、「海賊キッド」のチャールズ・ロートン、「星は輝く」のエルザ・ランチェスター、「ターザン紐育へ行く」のモーリン・オサリヴァン、ジョージ・マクレディ、リタ・ジョンソン、ハロルド・ヴァーミリア等である。

ストーリー

ジョナス出版社の探偵小説雑誌の編集部ジョージ・ストロードは、ジョナス社長の囲い者のポーリンから買物の同伴を頼まれ、方々歩きまわった末、彼女のアパートまで送り、妻ジョジェットとの休暇旅行の約束を果たすために、先発した妻のいる湖岸の別荘にかけつけた。しかし、直ぐ社長から電話で急に帰社する。ポーリンが何者かに殺害され、ジョナスは顧問弁護士のヘイゲンと相談し、ストロードの編集部の敏腕記者に犯人の捜査を命じたのだった。ストロードはポーリンが殺害された日の彼女の足どりを調べさせるが、どの報告も、彼女が1人の男と同伴している事実が明らかにされる。ストロードはその男が自分であること、何者かがポーリン殺害犯人の罪を自分になすりつけようとしていることを知った。彼はジョナスが嫉妬深い男で、ポーリンと口論の絶えなかった事実を思いだし、社長が彼女を殺して、自分に罪を被わせようとしている目的を見ぬいた。編集室の彼のもとに相ついで入る情報により、作夜ポーリンと同伴していた名前不明の男が出版社のビルディングに入っていることまでわかる。ストロードは身の危険を感じビルの大時計の中に匿れて機会を狙っていた。彼は大時計の時計の中でジョナスと彼の犯罪を知るヘイゲンが口論のあげく、ジョナスが弁護士を射ったのを目撃すると飛び出した。ジョナスはストロードに追われて昇降機に逃げるがその穴に転落し自らの罪を清算して終わった。...

作品データ

原題 The Big Clock
製作年 1948年
製作国 アメリカ
配給 セントラル

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi