OK牧場の決斗のレビュー・感想・評価

メニュー

OK牧場の決斗

劇場公開日 1957年7月3日
3件を表示 映画レビューを書く

名作と聞いて期待していたのですが残念です

酷い内容でした。 名作と聞いて期待していたのですが残念です。

基本的に、 保安官と悪党がうちあうはなしです。 しかし、 決闘シーンの合間に、 冗長で退屈な人情話や薄っぺらいラブロマンスが挿入され、 うんざりします。 肝心のけっとうも、 よくあるパターンのつぎはぎのようなものでした。

そもそも、 西部劇を見るたびに思うことですが、 ルールが意味不明なため、 みていて楽しくありません。 けっとうに限らず、 器物破損、 暴力、 レイプ、 なんでも合法です。 しかし、 殺しだけは違法です。 そういう法律だったのでしょうか? 謎すぎて理解できません。 せめて、 当時の法律についての説明などがあれば、 少しは増しなのでしょうが、 そのような [親切な西部劇] は実在しません。

加えて、 登場人物の顔が似たような人が多すぎて区別できません。 その上、 声優の声までそっくりです。 [保安官の部下がうたれた] と思っていたら、 実は保安官の弟だった、 などが多すぎます。 そのせいで、 ストーリーについていけなくなります。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たまにはと思い

ガッツ石松の得意フレーズのねた元
思ったよりテンポは良かったです、その筋では、有名な登場人物なんでしょうが、イマイチ人間関係が解りにくいかも、最後の決闘シーンは、有る意味新鮮でした。
まぁ古い映画ですんで⁉︎

マス
マスさん / 2015年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古き良き西部劇

総合60点 ( ストーリー:60点|キャスト:65点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 この話は日本で例えるならば巌流島の戦いとか赤穂浪士の討ち入りのような、アメリカの西部開拓史における伝説的な戦いであろう。それだからだろうか、視聴者はワイアット・アープやドク・ホリディについて当然知っているものとして物語が進んでいるようでややわかり辛い部分がある。町で好き勝手に暴れる無法者多数(20人くらいか?)にたいしてたった一人で堂々と武装解除を要求するアープは、正義にあふれる英雄的行動というよりはただの無謀行為であって、こんな場面を堂々と入れてしまうのはいかにも古き良き時代の西部劇、でも現代から見ると時代遅れな演出でした。

Cape God
Cape Godさん / 2013年4月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi