エンジェル(1984)
ホーム > 作品情報 > 映画「エンジェル(1984)」
メニュー

エンジェル(1984)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

昼は女高生、夜は売春婦という15歳の少女エンジェルを描く。ロジャー・コーマンから経営権を買収したニュー・ワールドが初めて自社で製作した作品。製作はロイ・ワッツとドナルド・P・ボーチャーズ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはメル・パールとドン・レヴィン。監督はロバート・ヴィンセント・オニール。脚本はオニールとジョセフ・M・キャラが共同で執筆。撮影はアンディ・デイヴィス、音楽はクレイグ・サファンが担当。出演はドナ・ウィルクス、クリフ・ゴーマン、スーザン・ティレル、ディック・ショーン、ロリー・カルホーンなど。日本版字幕は戸田奈津子。CFIカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

ストーリー

モリー(ドナ・ウィルクス)は高校に通う普通の15歳の女の子。学校の成績はオールAという優等生である。しかし、ボーイ・フレンドは1人もいない孤独な少女であった。彼女の父親は蒸発し、母親もある日、学校から帰宅したら姿を消していた。下校すると、どぎつい化粧をして、夜のハリウッド・ブールヴァードに出没する売春ガールのエンジェルに変身する。′彼女の友人はジョン・ウェインと共演したのを自慢にしている元西部劇スターのキット・カーソン(ロリー・カルホーン)やおかまのメイ(ディーン・ショーン)といった連中だ。変質者の殺人が頻繁に発生した。そしてモリーの友達も次々に精神異常の殺人者の餌食となり、悲惨な殺されかたをする。犯人の姿を目撃したモリーは警察に呼ばれ、犯人を探すことになるが、いま一歩のところで逃げられてしまう。この時に知りあっ.たアンドリュース刑事(クリフ・ゴーマン)が、モリーの過去を知り、売春をしていたことが、学校にもわかってしい、モリーは苦しむ。刑事は売春をやめるようにと忠告するが、モリーは耳を貸そうとしない。そうしているうちに、モリーに顔を知られた犯人は彼女を狙い、家に侵入し、父親がわりのメイを乱闘の末に殺してしまう。怒ったモリーは、45口径のピストルを手にハリウッド・ブールヴァードを追い駆け、犯人を追いつめて射殺する。...

作品データ

原題 Angel
製作年 1984年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi