エル
ホーム > 作品情報 > 映画「エル」
メニュー

エル

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一人の男が強迫観念に捕われ、異常になっていく様を描く。製作はオスカル・ダンシヘルス、監督は「乱暴者」のルイス・ブニュエルで、メルセデス・ピントの原作をブニュエルとルイス・アルコリサが共同で脚色。撮影はガブリエル・フィゲロア、美術はエドワード・フィッツジェラルドとパブロ・ガルヴァン、編集はカルロス・サヴァヘ、音楽はルイス・ヘルナンデス・ブレトンがそれぞれ担当。出演はアルトゥーロ・デ・コルドヴァほか。

ストーリー

フランシスコ(アルトゥーロ・デ・コルドヴァ)は、敬虔なカトリック信者で、四十過ぎても童貞のままメキシコ市の広大な邸宅に独りで暮らしていたが、ある日教会で素晴らしい足の持ち主、グロリア(デリア・ガルセス)に一目惚れしてしまう。婚約者、ラウル(ルイス・ベリスタイン)がいた彼女だが、彼の強引な求愛に負け、二人は結婚する。その後街でグロリアと会ったラウルは、夫の凄まじい嫉妬ぶりについて聞かされる。新婚旅行へ出掛けた夜の列車の中で、早くも彼の嫉妬が始まり、ホテルでは彼女の友人に殴りかかる。生活が続くうちにたまらなくなった彼女は母(アウローラ・ワルケル)に相談するが相手にされない。彼の嫉妬心は募り、彼女と訴訟のために雇った弁護士との仲を疑った上、暴力も振い、空のピストルで脅したり、寝ている彼女にロープやハサミを使って拷問を加えようとしたり、大聖堂の塔から突き落とそうとしたりする。彼と親しい神父も頼りにならないことが分かった彼女は、ある朝ついに家出する。それを知った彼は半狂乱になり、ピストルを持って入った教会で幻覚に襲われ、神父に飛びかかる。時が過ぎ、彼女はラウルと再婚し、彼と息子と共に修道院を訪れる。そこには精神病院から出たフランシスコがおり、彼が元気なことを知ると、一家は面会せずに帰っていく。この訪問をちゃんと見ていた彼は、取り乱すこともなく、院長に自分が正気であることを告げると、庭をジグザグに歩き出す。...

作品データ

原題 El
製作年 1952年
製作国 メキシコ
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi