エリソー
ホーム > 作品情報 > 映画「エリソー」
メニュー

エリソー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

グルジアの少数民族間の友情と帝政ロシアの抑圧に対する抵抗を描く。製作は“ゴスキノプロム・グルジー”、監督は「26人のコミッサール」のニコライ・シェンゲラーヤ。民族作家アレクサンドル・カズベキの原作をシェンゲラーヤとセルゲイ・トレチャコフが脚色、撮影はヴェ・シェヴァルナーゼが担当。出演はK・アンドロニカシヴィリ、K・カララシヴィリほか。サイレント。

ストーリー

一八六四年、カフカズ(コーカス)地方を支配していた帝政ロシアは、トルコとの国境に近いグルジア山岳地帯の少数民族チチェン人などを強制的にトルコに移住させ、そのあとにコサックを移住させようとしていた。チチェン人は回教を信じ、キリスト教徒のグルジア民族とは宗教を異にしていたが、グルジア系ヘフスル人には牧草地を貸し友好関係を結んでいた。アスミタール(A・イメダシヴィリ)を村長とするチチェン人の村ヴェルディに、ヘフスル人の若者ワジア(K・カララシヴィリ)がやって来た。彼は村長の美しい娘エリソー(K・アンドロニカシヴィリ)と恋仲である。ワジアは今年の牧草地を借りる話にやって来たが、ロシアの将軍(A・ジョルジョリアーニ)がそれを禁止した事を知る。その頃、村の近くにはコサックがヴェルディ村から村民を立ち退かせる策謀を弄し、遂に村の裏切者セイドゥーラ(I・マムポリヤ)の力を借り村民をペテンにかけ、強制移住承諾書にサインさせてしまう。ワジアの努力も空しく、エリソーは村に火を放ち、村民ともに苦難の旅へ向かう……。...

作品データ

原題 Eliso
製作年 1928年
製作国 ソ連
配給 ソ連邦映画人同盟=国際シネマ・ライブラリー

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi