エクスタミネーター
ホーム > 作品情報 > 映画「エクスタミネーター」
メニュー

エクスタミネーター

劇場公開日

解説

ニューヨークを舞台に、ベトナム戦争帰りの若者が、生命の恩人である親友を街のチンピラに襲われた後、復讐の鬼と化し、街のダニどもを抹殺していくというアクション映画。製作はマーク・バンツマン、監督・脚本はジェームズ・グリッケンハウス、撮影はロバート・M・ボールドウィン、音楽はジョー・レンゼッティ、特殊効果はトム・バーマン、スタン・ウインストンとポール・スチュワートが各々担当。出演はロバート・ギンティ、スティーブ・ジェームズ、クリストフォー・ジョージ、サマンタ・エッガー、トニー・ディ・ベネデット、ディック・ボッチェリなど。

ストーリー

地獄の戦場ベトナム。そこでベトコンの捕虜となっていたジョン(ロバート・ギンティ)はあわや敵の将校に生命を奪われる寸前、いっしょに捕われていたもう1人の捕虜マイケル(スティーヴ・ジェームズ)の必死の反撃で逆に敵を倒しヘリコプターでその場を逃れた。ベトナムからニューヨークヘ帰還したジョンとマイケルは、運送会社で働いていた。ある日、倉庫荒らしのチンピラに襲われたジョンは、再びマイケルに救われる。マイケルは、妻子と共に都会の生活を順調に送っていたが、ある日、例のチンピラどもが腹いせにマイケルを襲った。その日から、マイケルは廃人同様の身体になつてしまった。警察は無力だった。怒りに燃えたジョンは、遂に復讐を決意した。酒とクスリと女にふけっていたチンピラどもを、M16マシンガンで撃ち殺すジョン。その時、ジョンの中に、ベトナムでのあのドス黒い欲望が血を求めて甦えった。彼は街にはびこる殺人、売春、暴力などの悪を自分が死刑執行人となって抹殺しようと考えた。運送業界のボス、ホモ売春の主人と常客の州議会員、公園で老婆を襲うダニどもと、ジョンは次々に殺していった。そして、廃人同様になって眠り続けるマイケルの病室を訪れ、あたかも、呼吸装置を停めてほしいと望んでいるようなマイケルの目を見て、ジョンは呼吸装置を切った。彼は病院を出る時、恋人の医師(サマンタ・エッガー)と情事を楽しんでいたドルトン警部(クリストファー・ジョージ)とすれ違う。その瞬間、ドルトンのカンがひらめいた。綿密な再調査で処刑人の容疑をジョンに絞つたドルトンは、海軍のクレーンで、ジョンと会った。その時、潜んでいた警察が発砲し、ドルトンの胸をつらぬき、逃げるジョンをも射止めるのだった。...

作品データ

原題 The Exterminator
製作年 1980年
製作国 アメリカ
配給 ジョイパックフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全3件)
  • まあまあだった ネタバレ! チンピラの運転する車がバイクを追いかけて、ところが道が狭くてモタモタするところなど変にリアルで面白かった。 主人公が、銃弾を改造するなど武器を自作する場面などテンションが上がるのだが、普通に銃を... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2014年7月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ニューヨークの必殺処刑人 80年代当時の治安の悪かったニューヨークの風俗を、知るにはもってこいの作品。 ガンマニアなら泣いて喜びそうな数々のお宝ショットもある。 ベトナム戦争で祖国アメリカの正義を信じて命を投げ出し戦った... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2014年6月11日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • ジャケットほど内容は強烈では無いが ジャケットには、メットを被ったマッチョが火炎放射器を噴射している素敵な画が(アメリカの配給会社が勝手に作ったそうで、いい仕事してます笑)。 当時、ビデオのパッケージを見た時、これはとんでもないバ... ...続きを読む

    たぁ〜ちぃん たぁ〜ちぃんさん  2013年11月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「エクスタミネーター」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi