エイリアン・ネイション
ホーム > 作品情報 > 映画「エイリアン・ネイション」
メニュー

エイリアン・ネイション

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

近未来のロスを舞台に人間と異星人の刑事コンビの活躍を描く。製作はゲイル・アン・ハードとリチャード・コブリッツ、監督は「オーメン 最後の闘争」のグレアム・ベイカー、脚本はロックニー・S・オバノン、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はカート・ソベルが担当。出演はジェームズ・カーン、マンディ・パティンキンほか。

ストーリー

1991年、カリフォルニア州モハド砂漠に不時着した宇宙船に乗っていた30万人のエイリアンが、“ニューカマー”としてアメリカ全土に移住してから3年の月日が流れたある夜、ロスのエイリアン移住地区で起きた強盗殺人事件で相棒を殺されたロス警察のサイクス(ジェームズ・カーン)は、ニューカマーの刑事サム・フランシスコ(マンディ・パティンキン)とコンビを組み、事件を捜査することになった。その頃、この強盗事件と同一犯人と思われる殺人事件がたて続けに2件起きていた。サイクスはエイリアンに偏見を抱いていたが、やがて捜査を進めてゆくうちにフランシスに対して友情を抱くようになっていた。ある日、海岸にニューカマーの死体が打ちあげられた。この新種族が海水に溶けることを知っている者の犯行である。さらに検死の結果、被害者の体内からススジャブロッカと呼ばれる、エイリアンを奴隷状態におくために使用される麻薬が発見された。2人は移民局にゆき、コンピューターでこれまでの被害者の関連を探ってゆくうちに浮かびあがってきたのは、ニューカマーの財界の期待の星として脚光を浴びているウィリアム・ハーコート(テレンス・スタンプ)であった。そして彼が石油工場という名目の下に、ススジャブロッカの密造を行なっていた事実をつきとめた2人はハーコートを追いつめ、激しい銃撃戦とカー・チェイスの果てに、彼はサイクスの目の前で毒薬をあおるが、実はそれは大量のススジャブロッカで、これによってハーコートはエイリアンとして甦った。絶体絶命の窮地に立たされたサイクスは、フランシスコの機転でハーコートを撃ち殺し、こうして事件は解決した。...

作品データ

原題 Alien Nation
製作年 1988年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「エイリアン・ネイション」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi