エア・アメリカ
ホーム > 作品情報 > 映画「エア・アメリカ」
メニュー

エア・アメリカ

劇場公開日

解説

ベトナム戦争下のラオス、ひたすら裏稼業に精を出す空の宅配便野郎たちの活躍を描く航空アクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサール、アンドリュー・ヴァイナ、製作はダニエル・メルニック、監督は「ターナー&フーチ すてきな相棒」のロジャー・スポティスウッド、脚本はクリストファー・ロビンズの原作を基にジョン・エスコウとリチャード・ラッシュの共同、撮影はロジャー・ディーキンス。音楽はチャールズ・グロスが担当し、全編を60年代ポップスが彩っている。出演はメル・ギブソン、ロバート・ダウニー・ジュニアほか。

ストーリー

1971年、ラオス。存在しないはずの戦争下での米軍のダーティーな仕事を一手に引き受ける民間航空会社エア★アメリカの運ぶものといったらブタから最新兵器まで河でもアリ。危険な仕事なだけに報酬も高く、腕利きで一匹狼のパイロットがそろっていた。そんな1人、ジーン(メル・ギブンン)は新人のビリー・コビントン(ロバート・ダウニー・ジュニア)とコンビを組むことになる。その仕事は危険きわまりないもので、コメから亡命者、武装兵など何でも運ぶ。彼らの仕事が公にされることはなく、それでも金・女・スリルのために働いていた。だが偽善をはらんだこのベトナム戦争にいささかウンザリしていたビリーはやがてその仕事の中に政府ぐるみのアヘン密売が混ざっていることに気づき、2人はエア★アメリカを裏切るごとにし、愛機に乗って飛び立ってゆくのだった。...

作品データ

原題 Air America
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

  • ロバート・ダウニー・Jr、釈放後は大忙し(2000年9月26日) 刑務所から釈放されたロバート・ダウニー・Jrが精力的に活動している。まずは「アリー・マイ・ラブ」で、アリーの恋人役として最初の8話に出演。プロデューサー側はレギュラーを希望し... 続きを読む
関連ニュース

他のユーザーは「エア・アメリカ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi