ウディ・アレンの重罪と軽罪
ホーム > 作品情報 > 映画「ウディ・アレンの重罪と軽罪」
メニュー

ウディ・アレンの重罪と軽罪

劇場公開日

解説

人間の愛と欺瞞、成功と挫折をふたつのストーリーから描く人間ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、製作はロバート・グリーンハット、監督・脚本・主演は「ニューヨーク・ストーリー」のウディ・アレン、撮影はスヴェン・ニクヴィストが担当。出演はほかにマーティン・ランドー、ミア・ファローほか。

ストーリー

眼科医としての地位を確立したジュダー・ローゼンタール(マーティン・ランドー)は、愛人のドロレス・ペリー(アンジェリカ・ヒューストン)から妻のミリアム(クレア・ブルーム)と別れるよう迫られて困っていた。さもないと、株の穴を埋めるためにジュダーが財団の基金を一時流用したことをバラす、と脅迫されているのだ。窮地に立たされたジュダーは、チンピラの弟ジャック(ジェリー・オーバック)に相談すると、ジャックから殺し屋を雇ってドロレスを殺すから安心するようにと平然と言われる。そうなるとジュダーはドロレスに対する罪の意識で苦悩してしまう。一方、売れないドキュメンタリー監督のクリフ・スターン(ウディ・アレン)は、妻ウエンデイ(ジョアンナ・グリーソン)の兄で、テレビ・ディレクターのレスター(アラン・アルダ)から、レスターのドキュメンタリー映画を撮るように依頼されるが、クリフには俗物のレスターの作品なんて真面目に撮ることができない。そして妻との間がしっくりいっていないクリフは、製作助手のハリー・リード(ミア・ファロー)を愛するようになるが、レスターも彼女を狙っており、クリフは躍起になる。しかしそんな時、ハリーが仕事で1年間ロンドンに行くことになった。その頃ドロレスも、ジャックの雇った殺し屋によって命を落とし、事件は迷宮入りするのだった。そして1年がたった。ウエンディの兄で失明した牧師のベン(サム・ウォーターストン)の娘の結婚式に出席したクリフは、妻との離婚が決まっていた。そこヘハリーがレスターと共に姿を現わす。ロンドンでの再会がきっかけとなってふたりは結婚することになったのだ。それを知ったクリフはショックをうけ、そしてその時、クリフは初めて出会ったジュダーと罪について会話をする。ベンの主治医でもあるジュダーは、もはや自らの宗教観によってドロレスに対する罪の意識を解消していた。一方のクリフは、失った恋の痛手に落ち込むのだった。...

作品データ

原題 Crimes and Misdemeanors
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 オライオン映画=ワーナー・ブラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第62回 アカデミー賞(1990年)

ノミネート
監督賞 ウッディ・アレン
助演男優賞 マーティン・ランドー
脚本賞 ウッディ・アレン

第47回 ゴールデングローブ賞(1990年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ウディ・アレンの重罪と軽罪」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi