美しきセルジュ
ホーム > 作品情報 > 映画「美しきセルジュ」
メニュー

美しきセルジュ

劇場公開日

解説

フランスの片田舎を舞台に、アル中青年と彼を救おうとするその旧友の姿を鮮烈なタッチで綴った青春映画。監督・製作・脚本はヌーヴェル・ヴァーグの旗手、「いとこ同志」「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」のクロード・シャブロルで、58年公開の本作でデビューした。撮影はアンリ・ドカ。音楽はエミル・デルピエール。編集はジャック・ガイヤール。出演は「いとこ同志」のジェラール・ブランとジャン=クロード・ブリアリほか。

ストーリー

肺病の療養のために故郷の村に帰省したフランソワ(ジャン=クロード・ブリアリ)は、幼なじみのセルジュ(ジェラール・ブラン)と再会する。建築家志望だったセルジュは、恋人のイヴォンヌ(ミシェル・メリッツ)を妊娠させたため上京を断念したのだが、その最初の子供は死産。それもあって彼はアル中になり、二人目の子供を妊娠した妻に構わず、義妹マリー(ベルナデット・ラフォン)と関係を結んでいた。悲惨な生活から友を救おうとするフランソワだが、マリーに誘惑されたりとうまくいかない。カフェでのダンスパーティ。セルジュはマリーと踊り、イヴォンヌに同情したフランソワに怒り、彼を叩きのめす。それでも冬になっても村に残るフランソワ。吹雪の晩、イヴォンヌは産気づき、フランソワは医者を探した後、セルジュを連れ戻す。二人の耳に赤ん坊の声が聞こえた。...

作品データ

原題 Le beau Serge
製作年 1957年
製作国 フランス
配給 ザジフィルムズ
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • 絶望VS希望のガチバトル ネタバレ! 久々に帰郷した男がみたのは 落ちぶれた幼馴染セルジュの姿だった。 朝飯がわりに酒をかっくらうセルジュ。 立ち直らせようと手を差し出す男。 ほっといてくれと怒鳴るセルジュ。 この映画からはセルジュ... ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2013年11月14日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「美しきセルジュ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi