動くな、死ね、甦れ!
ホーム > 作品情報 > 映画「動くな、死ね、甦れ!」
メニュー

動くな、死ね、甦れ!

劇場公開日

解説

旧ソ連出身のビターリー・カネフスキー監督が自身の少年時代の記憶をもとに、収容所地帯の町で暮らす少年少女の過酷な運命を鮮烈かつ叙情あふれるタッチで描き、当時54歳にして第43回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した青春ドラマ。第2次世界大戦直後のソ連。強制収容所地帯となった小さな炭鉱町スーチャンで暮らす12歳の少年ワレルカは、シングルマザーの母親への反抗心から悪戯を繰り返していた。同じ年の少女ガリーヤはいつもワレルカのことを気にかけており、彼が窮地に立たされると守護天使のように現われて助けてくれる。そんなある日、度を越した悪戯で機関車を転覆させてしまったワレルカは、逮捕を恐れて1人で町を飛び出す。2017年、世界の名作を上映する企画「the アートシアター」の第2弾作品としてリバイバル公開。

作品データ

原題 Zamri, umri, voskresni!
製作年 1989年
製作国 ソ連
配給 gnome
日本初公開 1995年3月18日
上映時間 105分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第43回 カンヌ国際映画祭(1990年)

出品
カメラドール
出品作品 ビターリー・カネフスキー
ある視点部門
出品作品 ビターリー・カネフスキー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全7件)
  • 収容所と鉄道 第二次世界大戦直後の極東ロシア・スーチャン。 貧しい炭鉱の町の近くには、被抑留日本人もいる収容所があるようだ。いや、正確に描写しなおす。町の外れに収容所があるのではなく、町そのものが収容所のよう... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2017年11月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 子供を通して時代を理解すると言う事。 最近見た映画のなかで、もっとも印象に残った。 ストーリーが特に複雑というわけではない。 戦後1950あたりのロシアのど田舎を二人の子供を通して理解すると言う話。 そして二人が時代に飲み込まれて行... ...続きを読む

    蟲太郎 蟲太郎さん  2017年11月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ・ギスギスしてるなぁ。この雰囲気はいつ変わってくれるのかなぁと思っ... ・ギスギスしてるなぁ。この雰囲気はいつ変わってくれるのかなぁと思ってたんだけど〜 ・みーんな話し方がキツイんだけどお国柄?って思っちゃうよ ・起こる出来事すべて辛いのに、生き抜く力が強いから観て... ...続きを読む

    小鳩組 小鳩組さん  2017年10月31日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

ひとりで生きる[DVD] ぼくら、20世紀の子供たち[DVD]
ひとりで生きる[DVD] ぼくら、20世紀の子供たち[DVD]
発売日:2014年10月25日 最安価格: ¥4,320 発売日:2014年10月25日 最安価格: ¥4,320
Powered by 価格.com

他のユーザーは「動くな、死ね、甦れ!」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi