インターナショナル・ベルベット 緑園の天使
ホーム > 作品情報 > 映画「インターナショナル・ベルベット 緑園の天使」
メニュー

インターナショナル・ベルベット 緑園の天使

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

44年のエリザベス・テーラー主演作「緑園の天使」の続篇で、両親を失った少女が、オリンピックの馬術競技の金メダルを目指して青春を賭ける姿を描く。エニッド・バグノルド創造のキャラクターを基に製作・監督のブライアン・フォーブスが脚色、撮影はトニー・アイミ、音楽はフランシス・レイ、製作デザインはキース・ウィルソンが各ケ担当。出演はテイタム・オニール、クリストファー・プラマー、ナネット・ニューマン、アンソニー・ホプキンス、ジェフリー・バイロン、ジェースン・ホワイトなど。

ストーリー

英国南海岸の片田舎で小説家のジョン(クリストファー・プラマー)と静かな満ちたりた日々を送っているベルベット(ナネット・ニューマン)は、30数年前、14歳の時、グランド・ナショナル大障害レースに出場し当時のニュースをかざった天才少女であり、愛馬パイは未だ健在だった。このべルベットとジョンの家に、アメリカから来たひとりの少女がいつしよに住むことになった。自動車事故で亡くなったベルベットの兄とその妻が残した娘サーラ(テイタム・オニール)だった。感じやすい年頃のサーラは、初対面から叔母のベルベットに反抗した。土地のハイスクールに通い出すが、授業をさぼり、パイを連れ出して野原を駆けめぐっていた。わがままをするサーラに平手打ちをかわした叔母に対しその裏にある愛情を感じとったサーラは少しずつ新しい生活になじんでいった。ある日、年をとって、種馬としての役目を返上したパイの最後の仔馬が生まれた。その誕生に立ちあったサーラは、自分でアリゾナ・パイと名づけ、いつしか自分のものにしたいと願うようになり、ジョンの仕事を手伝いながら仔馬を買うお金をせっせとためた。やっとお金がたまり、持ち主のところへ行くが、仔馬は1日前に、別の買主に売られてしまっていた。悲しんで帰宅したサーラは、ベルベットの指さす草原に、父親パイと駆けめぐるアリゾナ・パイの姿を目にする。アリゾナ・パイを買ったのはベルベットとジョンだったのだ。アリゾナを得てから、サーラは乗馬に対し本格的な興味を抱くようになり、乗馬学校で練習をはじめた。サーラの目的はオリンピック・コーチ、ジョンソン大尉(アンソニー・ホプキンス)の目にとまることだった。しかし、オリンピック選手に育つには数千ポンドのお金が必要で、ベルベットとジョンにはそんな余裕はなかったが、ジョンは窮地の策として、ペンネームを使いポルノ小説を書き、その印税でサーラのトレーニング費用をまかなうことにした。そういった2人の苦労のもとで、全米競技出場を目指して特訓していたサーラは辛くもアメリカ遠征隊の補欠選手として生き残った。競技では英国チームは惨敗し、サーラは1度も試合に出場することなくアメリカを去るが、米国チームの主将で、オリンピック選手でもあるスコット(ジェフリー・バイロン)を知ることができ、心のときめきを感じた。オリンピックが開催し、最年少選手としてチーム入りしたサーラは無難に課題をこなしていったが、2日目のクロス・カントリーの障害を乗りこえる際、肩を負傷し、最終日、その肩の痛みをおして出場することになった。そして見事に難関を乗りきり、優勝は英国チームに輝いた。数日後、英国でサーラの帰りを待つベルベットとジョンのものに、サーラとスコットが結婚するという電報が届いた。ある日、1人で海岸を散歩するベルベットのもとに、ジョンが包みを持ってきた。それはサーラが愛する叔母に送ったオリンピックの金メダルだった。...

作品データ

原題 International Velvet
製作年 1978年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画=CIC

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「インターナショナル・ベルベット 緑園の天使」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi