「単なる不倫映画ではない」イングリッシュ・ペイシェント ジンジャー・ベイカーさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「イングリッシュ・ペイシェント」 > レビュー > ジンジャー・ベイカーさんのレビュー
メニュー

イングリッシュ・ペイシェント

劇場公開日 1997年4月26日
全12件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

単なる不倫映画ではない

1997年アカデミー賞作品賞ということで、鑑賞したが、非常に感動した。色々なサイトの評価には低評価が多かったが、これがアカデミー賞を受賞するのは納得。なにより、映像美、演出、音楽といった面で細部までのこだわりを感じる。全体を通して美しいの一言だ。キャストも豪華でレイフ・ファインズ、クリスティン・スコット・トーマス、ジュリエット・ビノシュとすばらしい演技を見せている。ちょっと大人のラブロマンス映画。

ジンジャー・ベイカー
さん / 2017年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi