イッツ・フライデー
ホーム > 作品情報 > 映画「イッツ・フライデー」
メニュー

イッツ・フライデー

劇場公開日

解説

金曜日の夜、ディスコを舞台にくりひろげられる、さまざまな若者の夢や不安を描く。製作総指揮はニール・ボガート、製作はロブ・コーエン、監督はロバート・クレイン、脚本はバリー・アームヤン・バーンスタイン、撮影はジェームズ・クレイブ、音楽はエルマ・E・レビン、編集はリチャード・ハルシー、美術はトム・H・ジョンが各々担当。出演はバレリー・ランズバーグ、テリー・ナン、チック・ヴェネラ、ドナ・サマー、レイ・ヴィット、マーク・ロナウ、アンドレア・ハワード、ジェフ・ゴールドブラム、ロビン・メンケン、デブラ・ウィンガー、ジョン・フリードリック、ポール・ジャバラ、マーヤ・スモール、チャック・サッチ、ヒラリー・ビーン、ドウェイン・ジェシー、ザ・コモドアーズなど。

ストーリー

ロサンジェルスのハリウッドにあるディスコ『ザ・ズー』には、今夜もDJのボビー(レイ・ヴィット)の声が響いていた。今夜はビッグ・ダンス・コンテストが行なわれる日なのだ。ポルシェを乗り回しているオーナーのトニー(ジェフ・ゴールドブラム)ものっている。5回目の結婚記念日を迎えたデイブ(マーク・ロナウ)と妻のスー(アンドレア・ハワード)、ヒッチハイクでやって来た15歳の女の子たち、フラニー(バレリー・ランズバーグ)とジーニー(テリー・ナン)、美しく才能のあるシンガー、ニコル(ドナ・サマー)、音キチガイのプエルトリコ人マーブ(チック・ヴェネラ)、なんだかわからないきれいな色のクスリをふりまいている『きらめく女王』ことジャッキー(マーヤ・スモール)、ゴム収集人のガス(チャック・サッチ)とコンピューターのデイトサービスでカップルを指名されたシャーリー(ヒラリー・ビーン)、ダンスよりボーイハントが目当てのOLジェニファー(デブラ・ウィンガー)とマディ(ロビン・メンケン)、クールな大学生カール(ポール・ジャバラ)とケン(ジョン・フリードリック)など、まだまだ沢山の若者たちが『ザ・ズー』に押しかけ、ザ・コモドアーズの演奏の中、優勝をめざして踊り競うのだった。...

作品データ

原題 Thank God It's Friday
製作年 1978年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第51回 アカデミー賞(1979年)

受賞
主題歌賞 “Last Dance”

第36回 ゴールデングローブ賞(1979年)

受賞
最優秀主題歌賞 “Last Dance”

他のユーザーは「イッツ・フライデー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi