偉大な生涯の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「偉大な生涯の物語」
メニュー

偉大な生涯の物語

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

世界の代表的宗教のそれぞれのリーダーの協力を得て、ジェームズ・リー・バレットとジョージ・スティーヴンスが脚本を書き「ジャイアンツ」のジョージ・スティーヴンスが製作・監督したキリスト伝。撮影はウィリアム・C・メラー、ロイヤル・グリグス、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当した。出演は「鏡の中にある如く」のマックス・フォン・シドー、「スーザンの恋」のドロシー・マクガイア、「ダンディー少佐」のチャールトン・ヘストン、「アラビアのロレンス」のホセ・フェラーのほか、サル・ミネオ、パット・ブーン、ジョン・ウェインなど多数。

ストーリー

処女マリア(ドロシー・マクガイア)が神の子イエス(マックス・V・シドー)を生んだのは、ユダヤのベツレヘムの貧しい馬小屋であった。3人の東方の博士たちは救世主の降誕を祝ったが大工ヨセフは身に迫る危険を感じ親子ともどもエジプトへ逃れた。その頃、残忍な野心家ヘロデ王は予言されていた救世主の誕生を知り、2歳以下の幼児をみな殺しにしたが、イエスはまぬがれた。彼が30歳になった頃、ヨハネ(チャールトン・ヘストン) はローマの圧政に苦しむ民衆に天国の到来を告げた--イエスこそ救世主だと。しかし、イエスの御名を讃えるヨハネの名声が我慢ならなかったのは時の王ヘロデである。彼はヨハネを捕えて土牢にとじこめ、彼の妻ヘロデヤは娘サロメをそそのかし、ヨハネの首を所望するのだった。イエスが伝道を開始したのはその頃である。そして12人の使徒をえらんだ。イエスが実現した奇跡は数えきれない。中でも最高のものは死者の復活である。イエスのエルサレム入城--それは民衆のすさまじいまでの熱狂のうちに行なわれた。だが一方、彼に集る民衆の信望を見て、心安からぬ思いにかられたのは、祭司や長老や学者たちであった。彼らにとってイエスの存在は邪教以外の何物でもなかったのだ。そしてイエスは捕えられた。捕えられる前日、弟子たちに囲まれて最後の晩餐をとったイエスは裏切者ユダに、暗黙のうちに悔悟を求めるのだった。処刑の日がきた。十字架にかけられ、母マリアやイエスに仕えてきた女たちの、悲しみと祈りの声の中で、彼は息絶えた。その時、すさまじい雷鳴とともに豪雨となり、暗黒が地の全面を覆った。奇跡である。十字架からはずされ、墓におさめられたイエスは、死の3日目に再びよみがえり、復活の奇跡をなしとげたのである。...

作品データ

原題 The Greatest Story Ever Told
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 ユナイテッド・アーチスツ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第38回 アカデミー賞(1966年)

ノミネート
撮影賞(カラー) ウィリアム・C・メラー ロイヤル・グリッグス
作曲賞 アルフレッド・ニューマン
衣装デザイン賞(カラー) ビットリオ・ニーノ・ノバレーゼ マージョリー・ベスト
美術賞(カラー)  
特殊視覚効果賞  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「偉大な生涯の物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi