イウォーク・アドベンチャー
ホーム > 作品情報 > 映画「イウォーク・アドベンチャー」
メニュー

イウォーク・アドベンチャー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

エンドア星で両親と離れ離れになった兄妹をイウォーク族が助け出し、両親救出の旅に出るという冒険もの。製作はトーマス・G・スミス。エグゼクティヴ・プロデューサーは「スター・ウォーズ」3部作の創造者ジョージ・ルーカス。監督と撮影は「続・ある愛の詩」(78)のジョン・コーティ。ルーカスの原案に基づいてボブ・キャロウが脚本を執筆。音楽はピーター・バーンスタイン、特殊効果はILMのマイケル・バングラジオが担当。出演はエリック・ウォーカー、ワーウィック・デイヴィスなど。アメリカでは84年11月25日にNBC系でTV放映された。

ストーリー

エンドア星に地球の宇宙船が不時着した。この星の住人イウォークのディージは行方不明になった2人の息子を探しに行った帰り、宇宙船を発見。なかに隠れていた4歳のシンデル(オーブリー・ミラー)、14歳のメイス(エリック・ウォーカー)を見つけて家へ連れ帰つた。シンデルは両親に会いたいと兄に訴えた。2人は森に出かけ、怪獣ボラに襲われた。イウォークに倒されたボラは、兄妹の父ジェレミット(ガイ・ボイド)の生命モニターを持っていた。ディージは村の長老で超能力を持つログレイに頼んで、2人の両親の行方を占ってもらうと、巨大怪獣ゴラックスにとらえられていることが分る。ゴラックスから助かったものは誰もいないという。メイスとシンデルの熱意に打たれて、ディージはキャラヴァンを組んで救出行に出かけることにした。ログレイは儀式を行ない、みんなにお守りを与えた。シンデルの仲良しのウィケット(ワーウィック・デイヴィス)も参加して一行は出発。旅の途中できこりのチューカが加わり、メイスが沼に落ちたところをウィケットの魔法の杖で救われたりもした。ゴラックスの岩城に到着。メイスがもらったお守りの石のおかげで入口を発見。城の中には巨大な蜘蛛がいて襲いかかってきたが、魔法のクリスタルを向けて退治した。父、母カタリーン(フィニュラ・フラナガン)は檻に閉じ込められ宙吊りにされていた。メイスらはゴラックスの目を盗んで両親を救い出すことに成功。気付いて追ってきたゴラックスにチューカが向かい死んでしまう。メイスは親友の最後を見とると、ゴラックスに敢然と挑戦して倒すことに成功した。...

キャスト

作品データ

原題 Caravan of Courage An Ewok Adventure
製作年 1984年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi