アンナ・カレーニナ(1998)のレビュー・感想・評価

アンナ・カレーニナ(1998)

劇場公開日 1998年4月11日
1件を表示 映画レビューを書く

どこにでもあるただの不倫の話

総合:65点
ストーリー:60
キャスト:70
演出:65
ビジュアル:75
音楽:75

 文豪トルストイの代表作であるが、原作は読んだことがない。貴族たちが「若いうちはさんざん遊んで、結婚は恋愛ではなくて地位や家柄で決めないと」「人妻に恋をするのはいいことだ」みたいなことを劇中で言っていて、当時のロシアの貴族社会の価値観や恋愛観とかがいま一つわからない。要は今でもありそうな何か普通の不倫の話に思えた。原作がそういうものなのか、この映画から受けた印象がそういうものなのかはわからない。でも自分には「アンナ・カレーニナ」が世界に絶賛されるほどの素晴らしい物語にも思えなかった。確かに本気で純愛であるからこその苦悩があるが、この程度の話ならばどこにでもありそうな気がする。あるいは不倫や離婚が当たり前の現代社会に生きているからのめり込めないのだろうか。
 実際にロシアで撮影された古めかしく威厳のある建物や風景を撮影した技術はなかなかのもので、綺麗な映像を楽しめる。それに合わせるクラシック音楽も絢爛に美しく悲しく上手に雰囲気を作り上げていた。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi