アンナ・カレーニナ(1998)
ホーム > 作品情報 > 映画「アンナ・カレーニナ(1998)」
メニュー

アンナ・カレーニナ(1998)

劇場公開日

解説

文豪トルストイの名作『アンナ・カレーニナ』(新潮文庫刊)をもとに、全編ロシア・ロケで構成した文芸大作。監督・脚本は「不滅の恋 ベートーヴェン」のバー ナード・ローズ。撮影は「恋人はパパ ひと夏の恋」のダリン・オカダ。音楽監督は世界的指揮者のサー・ゲオルグ・ショルティで、セルゲイ・プロコイェフ、チャイコフスキーの曲を使用。出演は「女優マルキーズ」のソフィー・マルソー、「スピーシーズ 種の起源」のショーン・ビーンほか。

ストーリー

1880年、モスクワ。レヴィン(アルフレッド・モリーナ)は令嬢キティ(ミ ア・カーシュナー)に求婚。キティは若き軍人、ヴロンスキー伯爵(ショーン・ビーン)に夢中だったが、彼はロシア高官カレーニン夫人のアンナ・カレーニナ(ソフイー・マルソー)に一目惚れ。一度はヴロンスキーの愛を拒否したアンナだったが、やがて自らも情熱的な恋のとりこになった。ふたりの仲は社交界の噂となり、カレーニン(ジェームズ・フォックス)の知るところに。一方、再会したキティとレヴィンは結婚。アンナは夫を捨てヴロンスキーの元に走るが、8歳の息子セリョージャのことを忘れられない。カレーニンはアンナとの離婚を拒否。ヴロンスキーとの間にできた子供も流産してしまったアンナは、次第に追いつめられていくのだった。...

作品データ

原題 Anna Karenina
製作年 1998年
製作国 フランス
配給 ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
上映時間 108分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

  • 「恋におちたシェイクスピア」が舞台化(2011年10月27日) アカデミー賞作品賞を含む7部門を制した「恋におちたシェイクスピア」(1998)を、舞台化するプロジェクトが進行中だ。英ガーディアン紙によれば、同作の共同脚本家で劇作家のトム・... 続きを読む
関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全1件)
  • どこにでもあるただの不倫の話 総合:65点 ストーリー:60 キャスト:70 演出:65 ビジュアル:75 音楽:75 文豪トルストイの代表作であるが、原作は読んだことがない。貴族たちが「若いうちはさんざん遊んで、結婚は恋愛... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2013年3月2日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アンナ・カレーニナ(1998)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi