ある愛の詩
ホーム > 作品情報 > 映画「ある愛の詩」
メニュー

ある愛の詩

劇場公開日

解説

環境のまったく異なった世界に育った男と女の愛の物語。製作はハワード・G・ミンスキー、監督は「おかしな夫婦」のアーサー・ヒラー、脚本は「イエロー・サブマリン」のエリック・シーガル、撮影はリチャード・クラティナ、音楽は「ハロー・グッドバイ」のフランシス・レイ、美術はロバート・ガンドラックがそれぞれ担当。出演は「さよならコロンバス」のアリ・マッグロー、「栄光への賭け」のライアン・オニール、レイ・ミランド、ジョン・マーレイ、キャサリン・バルフォア、ラッセル・ナイプなど。カラー、ビスタビジョン。1970年作品。

ストーリー

オリバー(ライアン・オニール)はニューヨークのセントラル・パーク・スケート場の観覧席で1人想いに沈んでいた。彼は若い弁護士で、少し前に医者から、妻のジェニー(アリ・マッグロー)に死期が迫っていると聞かされたばかりだった。初めてジェニーに会ったのは大学の図書館だった。ジェニーはそこの館員で、彼を“坊や”と呼ぶ小ナマイキなところがあったが、結局、一緒にお茶を飲みにいく仲になった。とり合わせとしては不釣合いな2人だった。オリバーは高名な良家の4世で、アイス・ホッケーだけが趣味の世間知らず、ジェニーはイタリア移民の菓子屋の娘で、バロック音楽好きという共通点のない2人だったが、そのあまりの身分の差が、かえって2人をひきつけたのだ。オリバーがジェニーのハープシコードの演奏を聴きにいって、モーツァルトやバッハの名を口にするようになって、ふと気がつくと2人はもう恋の虜になっていた。ある日、ジェニーは突然、フランスへ行くと言い出した。フランスで勉強したいというのだった。彼女は今の幸福が束の間のものであり、実らないであろう恋の悲しみから逃げようと考えたのだ。ロード・アイランド出の貧しい娘と富豪の息子では、あまりに身分が違いすぎるのだ。しかし、オリバーは問題にしなかった。そして結婚を申し込んだ。オリバーは両親にジェニーを会わせた。彼と父(レイ・ミランド)との間には深いミゾがあった。母(キャサリン・バルフォア)は息子と夫との間に入ってとりなそうとするが、オリバーは父を軽蔑しきり、父も彼の身勝手さをなじるため、うまくゆかず、父の、送金を中止するという脅しも蹴ってしまう。2人はロード・アイランドにいるジェニーの父(ジョン・マーレイ)に会いに行った。彼は2人を歓迎しながらも、前途を心配した。そして2人は結婚した。学費や生活費のためジェニーは働き、オリバーは学長トンプソン(ラッセル・ナイプ)に奨学金を申し込むが、名にしおうバートレット家の御曹司が…と、全然相手にもされなかった。生活は貧しかったが、愛し合う彼らは幸福だった。やがて、オリバーが優秀な成績で卒業し、2人はニューヨークのアパートを借り、オリバーは法律事務所へ勤めることになった。そんな新しい生活が始まったばかりのところだったのだ。オリバーはジェニーに医者の言葉を伝えなかったが、ジェニーはそれを知っていた。ジェニーの望みでオリバーはスケート場に連れていった。オリバーが滑るのを見ていたジェニーは、やがて苦しみ出す。病状は悪化し入院することになった。息子との仲直りを願っていたオリバーの父が、小切手を届けてきた。が、もはや金でジェニーの命が買い戻せる時ではなかった。ジェニーは父に見守られ、愛するオリバーに抱かれて死んだ…。今日も、セントラル・パークのスケート場の観覧席に腰を下ろして、じっと動かぬオリバーの姿があった。(CIC配給*1時間48分)...

作品データ

原題 Love Story
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 CIC

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第43回 アカデミー賞(1971年)

受賞
作曲賞 フランシス・レイ
ノミネート
作品賞  
監督賞 アーサー・ヒラー
男優賞 ライアン・オニール
女優賞 アリ・マッグロー
助演男優賞 ジョン・マーレイ
脚本賞 エリック・シーガル

第28回 ゴールデングローブ賞(1971年)

受賞
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) アリ・マッグロー
最優秀監督賞 アーサー・ヒラー
最優秀脚本賞 エリック・シーガル
最優秀作曲賞 フランシス・レイ
ノミネート
最優秀主演男優賞(ドラマ) ライアン・オニール
最優秀助演男優賞 ジョン・マーリー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全4件)
  • たとえベタと言われようとも 難病もの+恋愛映画の新潮流を作った作品としても外せない名作でした。 それには一度聴いたら忘れられない、フランシス・レイの流麗なメロディーの主題曲が大きく貢献しましたね。 あの有名な名ゼリフと共に... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2015年12月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 「愛とは決して後悔しないこと」 ネタバレ! AFIの名セリフ13位に選ばれたこのセリフの意味を知りたくてこの映画を観た。 男の方は名家のエリートだがまだ若さがある一方、女のジェニーは苦学生ながらもとても利口な子で頭の回転が普通の男よりも非... ...続きを読む

    Tommy Tommyさん  2015年3月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 純愛の元祖 「愛とは決して後悔しないこと」という副題が付けられていた映画。本当に愛するということがどんなものか、愛する者が先立つことがどれほどつらいか思い知らされる。フランシス・レイの音楽は最高でした。 ...続きを読む

    casiopea casiopeaさん  2015年3月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

続 ある愛の詩[DVD] ある愛の詩[Blu-ray/ブルーレイ] ある愛の詩 スペシャル・エディション[DVD] 続 ある愛の詩[DVD]
続 ある愛の詩[DVD] ある愛の詩[Blu-ray/ブルーレイ] ある愛の詩 スペシャル・エディション[DVD] 続 ある愛の詩[DVD]
発売日:2006年11月2日 最安価格: ¥891 発売日:2013年4月26日 最安価格: ¥1,091 発売日:2006年11月2日 最安価格: ¥818 発売日:2004年12月17日 最安価格: ¥3,447
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ある愛の詩(字幕版)
ある愛の詩(字幕版)
2013年12月29日
¥300
Google Play
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi