アムステルダム無情
ホーム > 作品情報 > 映画「アムステルダム無情」
メニュー

アムステルダム無情

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アムステルダムの運河で起きた連続殺人事件の謎を追う刑事の姿を描くサスペンス映画。製作・監督・脚本・音楽は「あぶない家族」のディック・マース、エグゼクティヴ・プロデューサー・共同製作はローレンス・ジールス、撮影はマルク・フェルペルランが担当。出演はヒューブ・スタペル、モニーク・ファン・デ・フェンほか。

ストーリー

運河での連続殺人事件を担当することになった刑事のエリック(ヒューブ・スタペル)は、河川警察に勤務する旧友ジョン(ヴィム・ゾマー)の協力を得て、これが同一犯による犯行と確信する。エリックはオランダ最大のダイバー・クラブを訪れ、そこで博物館ガイドのローラ(モニーク・ファン・デ・フェン)という美女と、彼女にダイブを勧めた精神科医のルイスデール(ヒデ・マース)と知りあう。ローラを気に入ったエリックは、彼女と食事をして親しさを増してゆくが、その間にも新たな犠牲者が続出する。一度は容疑者を逮捕したものの、彼は真犯人ではなく、運河に沈んだ船の中に入ったジョンは、その時何者かによって襲われて死んでしまう。エリックは、その犯人が船の倉庫に逃げ込んだことを知り彼を追いかけ、やがて運河をボートで追跡するが、銃で撃たれ重傷を負ってしまう。一方ローラは、病院にエリックを見舞った帰り、ルイスデールのもとを訪ね、そこで犯人のダイブ用品を発見し、エリックに助けを求める。彼女は襲いかかってくるルイスデールを殴り気絶させるが、本当の犯人はルイスデールの友人だった。そして、事故で頭のおかしくなったその真犯人にローラは襲われるが、危機一髪のところで駆けつけたエリックによって助けられ、彼は犯人を倒すのだった。...

作品データ

原題 Amsterdamned
製作年 1988年
製作国 オランダ
配給 UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi