アムス→シベリア
ホーム > 作品情報 > 映画「アムス→シベリア」
メニュー

アムス→シベリア

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アムステルダムを舞台に少年少女の青春群像を描いた一編。監督は「リトル・シスター」のロバート・ヤン・ウェストダイクで彼の長編第2作。脚本はウェストダイクと「リトル・シスター」のヨス・ドリーセン。製作は「リトル・シスター」のクレア・デ・コーニング。撮影はベルト・ポット。音楽はジャンキーXL。美術はアヌク・ダムワジー。衣裳はチスカ・ナイジェル。出演は「アムステルダム・ウェイステッド」のヒューホ・メッツェルス、「リトル・シスター」のルーラント・フェルンハウトほか。

ストーリー

要領のよいヒューホ(ヒューホ・メッツェルス)とお人好しのゴーフ(ルーラント・フェルハウント)はアムステルダムで共同生活をしている。彼らの仕事は世界中からアムスにやってくるバックパッカーの女の子たちをナンパし、金を盗ること。女の子と寝たあとは彼女らのパスポートを破り、記念写真を撮っておさらばするのがルールだった。ある日、いつものようにカモを探していたヒューホたちは、ララ(ヴラトカ・シーマック)という不思議な女に出会う。シベリア出身というララにゴーフは一目ぼれ。3人の無理矢理な共同生活が始まる。ララをシベリアに連れていってやりたいというゴーフに、ヒューホは「国籍の異なる女と15人先に寝たほうが貯えの全額を取る」というゲームを提案、ゴーフは必死になる。一方でララはヒューホと密かに関係を持つ。ある時ララのパスポートを見たヒューホはララがドイツ国籍であることを発見、ララを追い出しにかかる。しかし、そこに帰ってきたゴーフはララを抱きしめ、初めて二人は結ばれる。行為の最中、ララはドラッグで気絶。ヒューホを呼んだゴーフだが、そのすきにララは二人の貯金を盗んで逃げていた。町中の安ホテルに潜むララを見つけたゴーフは、彼女にシベリア逃亡を提案。ヒューホには薬を盛り、ララと逃げるかに見えたゴーフだったが、ララに渡した金の袋は空だった。シベリアに立つゴーフの隣には相変わらずヒューホの姿が。二人は「ララ」という犬を連れ、白い大地を走るのだった。...

作品データ

原題 Sibelia
製作年 1998年
製作国 オランダ
配給 シネマストリーム=シネカノン
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「アムス→シベリア」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi