アフリカン・ダンディー
ホーム > 作品情報 > 映画「アフリカン・ダンディー」
メニュー

アフリカン・ダンディー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アフリカの架空都市で、自然を破壊する国連軍に立ち向かう男の姿をコミカルに描くブラック・コメディ。監督はデイヴィッド・リスター、製作はアンドレ・スコルツとカール・フィッシャー、エグゼクティヴ・プロデューサーはエドガー・ボールド、脚本はレオン・シュスターとポール・スラボロプッツィーが担当。

ストーリー

アフリカの架空都市、ナンバブエ。クワガ・ロバーツ(レオン・シュスター)と地元の人々は、のんびりと平和に暮らしていた。そこへある日、治安を名目に国連軍がやって来る。指揮官マッケイ(カール・ジョンソン)とその部下ザップマン(ビル・フリン)をはじめ兵士たちは、意味もなく動物を殺し、自然を破壊する。さらに、現地の人々から武器を没収し、それを拒んだクワガは、店を焼かれてしまう。そんな折り、スイスから、国連医療オフィサーのインゲ(ミッシェル・ベストビール)がやって来る。土地の人々の治療をしているうちに心を通い合わせるクワガとインゲ。一方、マッケイとザップマンは、ダイヤモンドの密輸を計画、さらに、クワガの兄ドゥーンを利用して牛泥棒を始めた。それを発見したインゲはつかまってしまうが、クワガは見事彼女を助け出し、ついに復讐を開始する。国連軍のメンバーは次々とクワガの冷酷なジョークの餌食となっていき、マッケイたちも、変装したクワガに悪事を暴かれ、懲らしめられる。一度は帰国を決めたインゲも、クワガの元に戻ってくるのだった。...

作品データ

原題 Kwagga Strikes Back
製作年 1991年
製作国 南アフリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi