アサシンズ
ホーム > 作品情報 > 映画「アサシンズ」
メニュー

アサシンズ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

老人・青年・少年という三世代の暗殺者の姿を鮮烈に描いたシリアス・ドラマ。監督・脚本・主演は「憎しみ」でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞したマチュー・カソヴィッツ。製作はカソヴィッツの盟友であり、トラン・アン・ユン監督作品でも知られるクリストフ・ロシニョン。共同脚本はニコラ・ブクリエフ。撮影はピエール・アイム(出演も)。音楽は「ファーゴ」などコーエン兄弟作品で知られるカーター・バーウェル。美術はフィリップ・シッフル。編集はカソヴィッツとヤニク・ケルゴー。衣裳はヴィルジニー・モンテル。共演は「ボーマルシェ フィガロの誕生」のミシェル・セロー、インターネットを通じて発見された新人メディ・ベノーファほか。

ストーリー

40年間、人を殺すことで生計を立ててきた殺し屋ヴァグネル(ミシェル・セロー)は、青年マックス(マチュー・カソヴィッツ)を後継者に選んだ。だが、マックスは最初の老人を殺す任務で、中々とどめをさすことができず、ヴァグネルにどなられた末、ようやく引き金を引いた。その日からヴァグネルの殺しのレッスンが始まった。一緒に暮らし始めたふたりは次第に信頼関係を深めてはいったものの、マックスは殺人に冷淡にはなりきれなかった。そんなある日、ヴァグネルが病気で倒れた。その翌日、仲間の弟メディ(メディ・ベノーファ)を偶然車に乗せたマックスは、彼に自分の仕事を手伝わせる。メディは初めての殺しも平然とやり遂げてしまった。ヴァグネルはマックスが勝手にメディを引き入れたことを知って激怒したが、メディを消すはずのヴァグネルの銃口はマックスに向けられ、マックスは射殺されてしまう。メディはヴァグネルの新たな後継者になった。しかしふたりは世代間のギャップが大きすぎるようだ。メディはテレビとゲームに夢中で、ヴァグネルの病気は悪化していた。ある日、メディは久しぶりに学校に行ったが、校門で教師と口論になる。その夜、ヴァグネルは殺し屋の引退をメディに告げ、メディは銃を手にしてひとり夜の明けた外へ出て行く。朝、ヴァグネルの耳に、メディらしき13歳の少年が教師を射殺した後に自殺したというショッキングなニュースが聞こえてきた。テレビでは少年非行の専門家たちが勝手な分析を続けていた。...

作品データ

原題 Assassin(s)
製作年 1997年
製作国 フランス・ドイツ合作
配給 KUZUIエンタープライズ
上映時間 130分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

出品
コンペティション部門
出品作品 マチュー・カソビッツ

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「アサシンズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi