悪の実力者
ホーム > 作品情報 > 映画「悪の実力者」
メニュー

悪の実力者

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アメリカ犯罪史上有名な兇悪ギャング、プリティ・ボーイ・フロイドの半生を描くもの。監督・脚本はテレビ映画出身のハーバート・J・リーダー。撮影はJ・バージ・コントナー。音楽はデル・セルノとウィリアム・サンフォードの共同。ジョン・エリクソンがフロイドに扮するほか、バリー・ニューマン、ロイ・ファントら。の出演製作はモンロー・サクソン。

ストーリー

通称プリティ・ボーイことチャールズ・アーサー・フロイド(ジョン・エリクソン)は前科者だが、厚生を誓い刑務所を出た。職場で人妻と恋に落ち、亭主が前身をばらしたためクビになった。傷心のチャールズはオクアホマの故郷に帰った、父は百姓仲間の1人に殺されていた。幼馴染みの保安官ブラッキー(ハーブ・エバース)を訪ね、父の仇を討つといった。苦難の末、チャールズは仇を討ち、死体を隠した。彼は再び悪の道に戻った。奪った金は貧乏な百姓に与えた。新聞は彼を“西部のロビン・フッド”と書いた。カンサスでリリー(ジョアン・ハーベイ)と知り合った。彼女の夫の密告で危うく警察から逃れたチャールズは男を射殺した。しだいに大物になったチャールズは、各地を荒しニューヨークに出没し、遂にブラッキーまで殺してしまった。兇悪犯チャールズに、人々は恐れおののいた。1933年に彼は5人の警官を機関銃で惨殺した。連邦警察は各州と緊密に連絡し、逮捕の網の目をじわじわとちぢめていった。1934年、遂に警察に凱歌が上った。さしもの兇悪犯もみじめな最後をとげた。...

作品データ

原題 Pretty Boy Floyd
製作年 1960年
製作国 アメリカ
配給 映配

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi