暁の討伐隊
ホーム > 作品情報 > 映画「暁の討伐隊」
メニュー

暁の討伐隊

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「かれらに音楽を」と同じくゴールドウィンがロバート・リスキンの協力を得て製作した1939年映画。チャールズ・クリフォードの原作を「西部の男」のジョー・スワーリングとロバート・プレスネルが協同脚色し、「Gメン対間諜」のヘンリー・ハサウェイが監督した。撮影は「サハラ戦車隊」のルドルフ・マテ、音楽は「イヴの総て」のアルフレッド・ニューマンである。主演は「西部の男」のゲイリー・クーパーで、「気まぐれ天使」のデイヴィッド・ニーヴン、「かれらに音楽を」のアンドリア・リーズ、49年度アカデミー主演男優賞のブロデリック・クロフォード、駒井哲、レジナルド・オーウェンらが共演する。

ストーリー

今世紀初頭、比島、ミナダナオのマイサンに駐屯していた米国守備軍が、少数の指揮にあたる将校と交代に引き揚げていった。住民はアリパン(駒井哲)の率いる山地の凶悪なモロ族に常に恐怖を抱いていた。かれらは米人の指揮官を暗殺したが、後任マニング大尉は、比島人守備隊の訓練不足を理由に反撃を避けたので、軍医キャナヴァン(ゲイリー・クーパー)、中尉のマックール(デイヴィッド・ニーヴン)とラースン(ブロデリック・クロフォード)らは不満だった。ある日マニングの妻と、ハートリイ大尉(レジナルド・オーウェン)の娘リンダ(アンドリア・リーズ)が訪れたが、パーティーの開かれた夜、マニングがまたも暗殺され、彼の妻は悲しく島を去ったが、リンダはキャナヴァンの為に留った。キャナヴァンは基地により、比島人のモロ族に対する恐怖を除いたが、アリパンはマイサンに流れる川の上流にダムを築いて堰き止めた。住民は渇水に苦しみ、コレラが発生し、キャナヴァンはリンダの協力を得て防疫に奮闘したが、マックールも倒れ、ラースンはダムの爆破に赴くが殺された。ハートリイは自ら大部分の兵を連れ、モロ族の親米派と称するダツウを案内に出発した。キャナヴァンはダツウがラースンを殺したことを知り、単身後を追い、本隊の危機を救いダムを爆破したが、一方アリパン1隊は手隙きのマイサンを攻撃した。これを知ったキャンヴァンと本隊は急ぎ救援に駆けつけ、アリパン1隊を全滅させた。任務を終えたキャナヴァンは、リンダとともに島を去っていくのだった。...

作品データ

原題 The Real Glory
製作年 1939年
製作国 アメリカ
配給 大映
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi