赤ちゃんはトップレディがお好き
ホーム > 作品情報 > 映画「赤ちゃんはトップレディがお好き」
メニュー

赤ちゃんはトップレディがお好き

劇場公開日

解説

思いがけなく赤ちゃんの面倒をみることになったキャリア・ウーマンのとまどいと愛情を描く。製作はナンシー・マイヤーズ、監督はチャールズ・シャイアー、脚本はメイヤーズとシャイアー、撮影はウィリアム・A・フレイカー、美術はジェフリー・ハワード、音楽はビル・コンティが担当。出演はダイアン・キートン、サム・シェパード、ハロルド・レイミスほか。

ストーリー

J・C・ワイアット(ダイアン・キートン)は、イエール大学をトップで卒業、ハーバード大学で経営修士号を取得して、スローン・カーティス経営コンサルタント会社では大きなオフィスを構えているキャリア・ウーマンである。ニックネームはタイガー・レディ。彼女と似たような仕事中毒の男性、投資銀行家のスティーヴン(ハロルド・レイミス)と同棲し、上司のフリッツ(サム・ワナメイカー)からは共同経営者として誘われ、さらに大会社のフードチェーンを顧客に獲得するなど充実した毎日だ。そんなある日、子供のころ一度だけ会ったことがあるイトコが亡くなり、遺産が残されたとの国際電話が入った。その遺産というのが、何と、13カ月の赤ちゃんエリザベス(クリスティナ・ミシェル・ケネディ)。突然、押しつけられた赤ちゃんを抱えてJ・Cは大混乱。家にほおっておくわけにもいかず、仕事場に連れていくのだが、トラブルが続出。思いあまって養子に出そうとするのだが、面倒をかけられながらも、いつしかエリザベスに情が移ってしまい、それもできない。そんな仕事ぶりを見ていた上司のフリッツは降格を命じる。ショックを受けたJ・Cだが、これを機会に今までの生活を変えようと決心、田舎の家を買ってエリザベスとともに引っ越した。空気が澄んでいて、庭の果樹園にはリンゴが大量になっている。理想的な生活--のつもりだったが、欠陥だらけの家で修理するだけで貯金を遣い果たし、冬となると雪に埋もれて一歩も外に出られない。その間も、リンゴから離乳用のアップルソースを作ってエリザベスに食べさせるなどしていたが、孤独感と焦燥感に襲われダウン。彼女を治療したのが獣医のジェフ(サム・シェパード)。J・Cは作り過ぎたアップルソースを村のよろず屋に持ち込むと飛ぶように売れた。勢いづいたJ・Cは、エリザベスの顔をラベルに印刷してアップルソースを大量生産、“カントリーベビー”として売り出し爆発的に売れる。ジェフとの仲も夜を共にするまで進んだ頃、かつての上司フリッツから“カントリーベビー”を買い取りたいという電話が入った。会議室には、かつて自分を追い出した顔が並んでいた。フードチェーン社の社長から出された条件は破格だった。だが、彼女の出した答えは「ノー」だった。「私はもう何も犠牲にしたくない。バーモントの家もエリザベスも素敵な獣医さんも……」...

作品データ

原題 Baby Boom
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト映画=UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第45回 ゴールデングローブ賞(1988年)

ノミネート
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ダイアン・キートン

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全1件)
  • 赤ちゃん可愛い 赤ちゃんがめちゃくちゃ可愛い! しかしデキる女は違うな~ ピンチをチャンスに変えたね。 そして獣医カッコイイ。 でも主人公の専業主婦になるのは嫌だって態度は賛否両論ありそう。 ...続きを読む

    李 さん  2015年8月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「赤ちゃんはトップレディがお好き」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi