青い夜明け
ホーム > 作品情報 > 映画「青い夜明け」
メニュー

青い夜明け

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1920年のアイルランドを舞台にひとりの少女がある出会いを通して大人へと成長してゆく過程を、当時の不穏な社会背景を絡めて描くひと夏の物語。アイルランドの作家ジェニファー・ジョンストンのThe Old Jestを原作に、監督はテレビ映画出身で本作がデビューとなるロバート・ナイツ、製作はサラ・ローソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはグラハム・ベンソン、脚本はモイラ・ウィリアムス、撮影はエイドリアン・ビドル、音楽はサイモン・メイが担当。

ストーリー

1920年、アイルランド。両親を早くに亡くし、伯母(ジーン・シモンズ)と元将軍の祖父(トレヴァー・ハワード)と一緒に海岸近くの屋敷に住むナンシー(レベッカ・ピジョン)は、好奇心旺盛な少女。元軍人の美青年ハリー(ヒュー・グラント)に淡い恋心を抱いているが、まるで子供扱いで相手にされない。ある日、彼女が自分ひとりの秘密の場所にしている海辺の掘立小屋に、見知らぬ男を見つけ驚く。それは夜明け前、密かにボートで上陸したキャシアス(アンソニー・ホプキンス)という男だった。彼の落ち着いた物腰、優しい瞳に惹かれ始めたナンシーは、キャシアスのことを蒸発した父親ではないかと思い始める。父への思慕と大人の男への憧れがないまぜとなり、ナンシーはアイルランド独立の闘士であるキャシアスのために都会の同志への手紙を届けたり、食べ物を運んだりする。だが、ある日ナンシーの目の前でテロが起こり、将校たちが殺される。それはキャシアスが後ろで糸を引いていたのだ。全てが明らかになり、キャシアスがナンシーの父親でないことも判明した。キャシアスはテロの首謀者として、兵士たちの手で銃殺される。慌ただしい夏が過ぎ、様々な経験をしたナンシーは、大人への階段をひとつ上った気持ちを噛みしめるのだった。...

作品データ

原題 The Dawning
製作年 1988年
製作国 イギリス
配給 キネマ旬報社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi